クゥリのブラッキーをこよなく愛するポケモン日記

ブラッキーと一緒にレートの高みを目指します

バトンタッチオフ優勝構築 ~月光の闇夜に立つ騎士~

皆さんお久しぶりです、クゥリと申します。

先日はバトンタッチオフというオフに参加させて頂き、なんとオフで初めて優勝する事が出来ましたので、嬉しかった記念に使用構築の方を記事にさせて頂きました。

f:id:kuuri-yatume:20170827223051p:plain






f:id:kuuri-yatume:20170827205942g:plain
ブラッキー@残飯
図太い:シンクロ
実数値:201(244)-×-178(252)-×-150-87(12)
・イカサマ
・守る
・欠伸
・願い事

いつも通りの解説ですが、私の嫁ポケモンであり、相棒枠です。

やはり、ブラッキーを軸にして組んでいるだけあり、ブラッキーを受けの中心としてサイクルを回すことが多く、選出率は圧倒的一位でした。
今回のオフではブラッキーの通りがいつも以上に良く、最後にブラッキーで詰めていく展開も多かったです。

この相棒が、決勝戦でラス1対面でカプ・テテフを対面から破り、オフでの初優勝を決めてくれた時は正直涙が出そうになる位嬉しかったです。
今後もブラッキーを使い続けていきます!


選出率 11/13





f:id:kuuri-yatume:20170321174129g:plain
メガボーマンダ@ボーマンダナイト
慎重:威嚇→スカイスキン
実数値:197(212)-165-150-×-152(228)-149(68)
・恩返し
地震
・竜の舞
・羽休め

こちらも、ブラッキーに続く相棒枠のボーマンダです。

いつものHDマンダですが、今回は前回のシングル厨とは違い、空元気の枠を地震に変えて運用してみました。
理由としては、レートで地震を切ったボーマンダという前提の動きを何度もされた事、鬼火持ちが環境に少なくなったと感じたので空元気の必要性が薄くなったと考えたからです。
実際、地震に変えたおかげで勝ち筋を拾えた試合があり、リザをもう1つのメガ枠に添えたからか鬼火が飛んで来ることも無かったので、この枠は変えて正解だと思いました。


選出率3/13





f:id:kuuri-yatume:20170827201901g:plain
グライオン@毒々玉
慎重:ポイズンヒール
実数値:177(212)-115-151(44)-x-139(252)-115
地震
・鋏ギロチン
ステルスロック
・羽休め


http://orehahirasho.hatenablog.com/entry/2017/08/13/225509
いっちーさんという方のグライオンの調整を使わせて頂きました。
調整等の詳細は、こちらのブログを見て頂ければと思いますので、省きます。

欠伸ループやクレセドランの並びやコケコ等を見るための枠として投入したのですが、非常に強かったです。
ポイヒグライオンからステロが飛んでくる事は予想されなかったらしく、不意のステロでサイクルを優位に回すことが何度も出来ました。
勝戦が終わった後のチャンピオン防衛戦で、1発ギロチンを当てたのは気持ち良かったですね。


選出率4/13





f:id:kuuri-yatume:20170827201846g:plain
ミミッキュ@フェアリーZ
意地:化けの皮
実数値:151(164)-140(140)-125(196)-x-126(4)-117(4)
・じゃれつく
・影打ち
・呪い
・剣の舞

http://tiapoke.hatenablog.com/entry/2017/08/09/070000
ティアさんという方のミミッキュの調整を使わせて頂きました。
調整等の詳細は、同じくこちらのブログを見て頂ければと思いますので、省きます。

サイクルパーティーにおいて、高速積みアタッカーは非常に重い存在であり、一度積まれてしまったら一気に勝負が決まる可能性もあります。
それを防ぐため、切り返しやストッパーの役割を担えるABミミッキュを採用しました。
ASミミッキュとは違って、皮が無い状態でサイクルに参加させても一度や二度なら攻撃を耐える事が出来るため、耐久に厚く振った個体の方がサイクルには向いていると判断したためです。

技はおそらくこれで確定で良いと思います。シャドクロが欲しい場面はテッカグヤナットレイ等の耐久に振った鋼タイプのポケモン位で、パーティーにはグライオン&ボーマンダ&リザードンと鋼に強いポケモンがそれなりにいるので、必要性は薄かったです。


選出率6/13





f:id:kuuri-yatume:20170507122026g:plain
ナットレイ@カゴの実
生意気:鉄の刺
実数値:181(252)-114-152(4)-×-184(252)-22(最遅)
・ジャイロボール
パワーウィップ
・毒々
・眠る

キツネの社の時とほぼ同じ個体を使用しました。

相変わらず残飯をブラッキーに取られているため、半分回復の実か眠るを持たせてカゴの実を持たせるか悩みましたが、役割対象であるスイクン等の水ポケモンに対して熱湯で火傷を引いてしまい逆に瞑想の起点にされてしまうという事を避けるために、また構築全体で重めなグライオンに毒ならPP勝負で勝てるように眠るを採用しました。

今回のオフでも何度も火傷をしましたが、眠るのおかげで勝てただけでなく、カバの欠伸ループに対してカゴの実のおかげで2ターンの間一方的に動けるというアドも稼げたので、強かったです。
パワーウィップの枠は種マシンガンの方が良さげな感じでした。


選出率6/13





f:id:kuuri-yatume:20170827201925g:plain
リザードン@リザードナイトX
陽気:猛火→硬い爪
実数値:183(236)-159(68)-132(4)-×-115(76)-149(124)
フレアドライブ
地震
・鬼火
・羽休め

http://almond-beginer-1500-ibaru.hatenablog.com/entry/2017/05/16/131727
こちらはアーモンドさんという方の調整を使わせて頂きました。
調整等の詳細は、同じくこちらのブログを見て頂ければと思いますので、省きます。

ブラッキー+メガ炎で回していくサイクルの通りが良いように感じたので、メガバシャとどちらを採用するか迷いましたが、サイクルを何度も回す関係上、高速回復技の羽休めを覚えるリザードンの方が適任だと思い、リザードンを採用しました。
基本的には初手に投げて鬼火を打って展開していく形が多かったです。
今回のオフではリザードンの通りが良く、ブラッキー+リザードンでサイクルを回している試合ばかりでした。


選出率8/13






今回のバトンタッチオフは、自身初の優勝ということもあり、非常に記念に残る楽しいものになりました。
構築名は、決勝戦の最後のターンで対戦相手のyouさんが眠ってるカプ・テテフに対して「朝だぞ、起きろ!」と言ってるのに対抗して、私がブラッキーに対して「ブラッキーは"夜"だ、起きるわけがない!」と言ってしまったのと、ブラッキーのNNが「☆Night」という名前なんですが、FFの方からあのブラッキーは「夜のNightだけじゃなく、クゥリさんを勝利へ導く騎士-ナイト-でもありましたね」と上手いこと言われたので、開き直って✝️月光の闇夜に立つ騎士✝️とかいう厨二病っぽい構築名を付けてしまいました。
何より、決勝戦ではブラッキー自身の手で優勝を決められたのが本当に嬉しかったです!
勝戦で戦って頂いたyouさん、リベンジ待ってます!
対戦して頂いた皆さん、運営の方々、本当にありがとうございました!!


成績

予選6-2 1位抜け
決勝トーナメント優勝
チャンピオン防衛戦勝利


Special Thanks

リザードンを貸してくれたアーモンドさん
グライガーを厳選代行してくれたまっしろさん