クゥリのブラッキーをこよなく愛するポケモン日記

ブラッキーと一緒にレートの高みを目指します

シングル厨使用構築 ~簡易紹介~

皆さんお久しぶりです、クゥリと申します。

本日はシングル厨というオフに参加させて頂き、ベスト26辺り(多分)で終わる結果となって非常に悔しい思いをしたのですが、記念に使用構築の方を簡易的記事にさせて頂きました。


f:id:kuuri-yatume:20170507122153g:plain
ブラッキー@残飯
図太い:シンクロ
実数値:201(244)-×-178(252)-×-150-87(12)
・イカサマ
・守る
・欠伸
・願い事

いつもの相棒枠
選出率1位で、出した試合は毎回めっちゃ活躍してくれました
このポケモン選出しないと勝てないポケモンが多いので、必然的に選出する機会が多くなりました
この型が現環境で多いからか、毒を警戒せずに突っ張ってくることがかなり多かったので、少し辛い部分がありました


f:id:kuuri-yatume:20170321174129g:plain
メガボーマンダ@ボーマンダナイト
慎重:威嚇→スカイスキン
実数値:197(212)-165-150-×-152(228)-149(68)
・恩返し
・空元気
・竜の舞
・羽休め

身代わりマンダが環境に刺さってないと感じて、身代わりの枠を空元気にして使いました
空元気か炎牙か地震かは諸説あると思いますが、鬼火を恐れずに立ち回れて、使い分けが効くのが非常に強かったです
割とおすすめです


f:id:kuuri-yatume:20170812212832g:plain
マンムー@地面z
意地:厚い脂肪
実数値:191(44)-193(204)-109(70)-×-95(116)-110(76)
地震
つららばり
・氷の礫
ステルスロック

無難に強かったです
地面zで鬼火が入ってもメガゲンガーとばせるのが偉かったが、襷ガルドにボコボコにされたので要検討枠
全体的にレボルトが重いので、スカーフや襷も一考だが、地面zが個人的には使い勝手が良かった


f:id:kuuri-yatume:20170812211437g:plain
ヒードラン@バンジの実
控えめ:貰い火
実数値:194(220)-99-148(172)-178(92)-128(12)-9
9(12)
・火炎放射
・ラスターカノン
・岩石封じ
・毒々

http://bazillpoke.hatenablog.com/entry/2017/03/21/061848
こちらのブログの調整を使わせて頂きました
S99でも岩封後に準速ミミッキュを抜けると聞いたので、S1削ってDに回してます
バンジの実の発動機会はとても多く、ミミッキュやテテフ入りには結構投げてました
鬼火か毒々は選択ですが、この構築だとポリ2等が重いので毒々一択だと思いました


f:id:kuuri-yatume:20170812212240g:plain
モロバレル@黒いヘドロ
図太い:再生力
実数値:221(252)-×-122(164)-105-112(92)-50
・イカサマ
ギガドレイン
クリアスモッグ
・キノコの胞子

アシレスイクンコケコ等の構築で重いポケモンを対処するために入れた枠です
環境に増えているガッサ+ポリ2+ミミッキュのような並びに強いと思って試験的に投入しました
数値は足らなかったですが、こいつのおかげでかなり重めのガッサは一度も選出されず、出した試合はしっかりと活躍してくれました
電気には不安が残るので、水を止める枠としての役割が強かったように感じます


f:id:kuuri-yatume:20170321153735g:plain
メガゲンガー@ゲンガナイト
臆病:呪われボディ→影踏み
実数値:137(12)-×-80-181(244)-95-178(252)
・祟り目
・ヘドロ爆弾
・身代わり
・催眠術

いつもの催眠ゲンガーです
催眠はオフで一度も打たず、鬼火が欲しい場面しか無かったので、身代わり→気合玉、催眠術→鬼火に変更する方が良いと思いました
今回の大会では祟り目とヘド爆しか使わなかったので、技は絶対に変えた方が良いです



シングル厨でお会いした皆さん、対戦して下さった皆さん、本当にありがとうございました!
今シーズンも上位目指して頑張ります!

PS

順位がリザルトでは違ったので、修正しました

必中必殺杯 参加者リスト

【参加者一覧】


HAL @spring10969
radian @radian0202
テイル @tail_poke30
さふぁいあ @safaia_poke
絢瀬かえで @elice6v
かえる @kawazukawazu13
み @Kissaki_city
HiRO @Kunihiro164
SASUGA @SASUGA_1999
あきぽけ潤 @aki_poke623
あっかー @akp0ke
矢澤じん @rezin_poke
USUI @UsuiBanette
LUKA @smluka1
Lucary @Lucary6
ARMN @Rosepoke23
しらす @sisyamomazui
kouhey @kouhei3150
ぐらんつ @Glantzex
おか @J_F_zilitb
めいとるん @mate_poke
ss @FReE_zero_0



こちらから対戦相手を探して、各自連絡を取り合い対戦するようお願い致します

突発大会 "必中必殺杯" 参加要項

こちらは7/26(水)に開催する必中必殺杯の要項になります。

遊び要素の高い大会ですがそれでも最低限のマナー、ルールがありますのでこの記事を最後まで読んで注意事項をしっかり守っていただくようお願いします。

・日程

7/26(金) 20:00〜


・ルール

1)使用ポケモンはスカーフを持たせた一撃技持ちのポケモンのみとする。(当初はカミツルギだけの予定でしたが、自分の好きなポケモンで出たいという方が多かったので自由とします)

2)行動は必ず一撃技を打つこと。仮にどちらも一撃技のPPを使いきってしまった場合は悪あがきによって決着を付けること。

3)一撃技以外の3つの技は自由とする。(使えないため関係なし)

4)バトルチームに一撃技持ちのポケモンを1匹だけを登録し、ノーマルルールで対戦を行うこと。

5)必ず"角ドリル"、"ハサミギロチン"、"地割れ"、"絶対零度"が当たるポケモンを用意すること(飛行タイプ、ゴーストタイプ、氷タイプ等)

6)頑丈持ち等、一撃技で死なないような特性を持つポケモンの参加は禁止

・その他注意事項

1)対戦前と対戦後の挨拶をしっかりすること。

2)対戦相手に暴言を吐かないこと。

3)ツイキャス等で配信をする場合は対戦相手に許可をとること。

5)お互いにBVを保存し、勝敗を証明できるようにすること。

6)回線が切れた場合はもう一度対戦を行うこと。同速勝負やギロチンの外し等がありますので、再現はほぼ不可能でしょうが、そこはご了承下さい。

7)対戦ごとに個体変更は可。

8)フレコが間違っていた場合などは、お手数ですが参加者リストから対戦相手と連絡を取ってフレコ等の交換を行うようお願い致します。



・大会形式

敗者復活なしのトーナメント1発勝負。結果は勝者がクゥリ@kuuri_yatsumeまでリプライかダイレクトメールで結果を送ること。



大会景品

1位 ギロチンを覚えた陽気カミツルギ(未育成)




お遊びの大会なので、楽しく大会を行いたいと思います。
よろしくお願い致します。



サムネ用
f:id:kuuri-yatume:20170726134804j:plain

個人的ポケスペヒロインキャラランク

ポケスペの"女性ヒロイン"オンリーのキャラランクです
各章のメインヒロイン(ファイツ、ムーンに関してはその章の物語が完結していないので除外)+私の独断でヒロインと呼んで良いと判断したキャラを書いています
Aランクまではかなりお気に入りのキャラなので詳しく書いていますが、それよりもランキングが低いキャラは少し簡略化する場合もありますので、ご了承下さい

また、若干のネタバレ要素等もあるので、苦手な方はブラウザバックしていただけるとありがたいです









SSS


イエロー・デ・トキワグローブ

f:id:kuuri-yatume:20170601005927j:plain
f:id:kuuri-yatume:20170601005944j:plain
f:id:kuuri-yatume:20170601010008j:plain
f:id:kuuri-yatume:20170601010024j:plain
f:id:kuuri-yatume:20170703114903j:plain
f:id:kuuri-yatume:20170703114919j:plain


もう完全に殿堂入りであり、圧倒的一位であり、最高のヒロイン
このキャラを越えるキャラは今後出ないでしょう

一応説明しておきますと、ポケスペ第二章から登場してるヒロイン兼主人公ポジの女の子で、行方不明になったレッドを助けに行くのが彼女の冒険の始まりです

天然モノではないですが貴重なボクっ娘であり、ボーイッシュな面と幼い少女らしさを残しています。一つ一つの行動が愛くるしく、凛々しく、純朴なのに周りをどこか惹き付ける魅力を持った無自覚魔性型の最高に可愛い女の子です
レッドの事が好きなのですが、本編ではレッドとカスミが良い雰囲気なので、イエローとくっついてくれる望みは薄そうなのが少し悲しいところです

SMでレッドとグリーンが出たので、ほぼほぼ無いとは思いますが、ウルトラSMでの出演に一縷の望みをかけています



SS


オダマキサファイア

f:id:kuuri-yatume:20170706120945j:plain
f:id:kuuri-yatume:20170706121000j:plain


野性味溢れるキャラで、最初見た時は言葉遣いやその姿に大変驚かされたが、その中身は純情で可愛いものが好きな立派な女の子

ルビーへのマボロシ島での告白シーンはポケスペの人気シーンランキング一位に選ばれただけあり、本当に素晴らしい

ルビーの事が大好きで、他のヒロインに比べて重要な場面でしっかりと告白したり、一緒に連れてって欲しいとお願いしたり、素敵な表情でルビーの事を叱ったりと、とても芯が強くてしっかりと自分自身というものを持っており、一つ一つの見せ場で私達の心に響く何かを見せてくれる、私的にヒロイン力がおそらく一番高い女の子である

普段の方言(訛り)も普通のキャラが言うと野暮ったく聞こえるかも知れないが、この子が言うとめっちゃ可愛く聞こえますよね
口から覗いてるキュートな八重歯もグッド



S


ブルー

f:id:kuuri-yatume:20170706121443j:plain
f:id:kuuri-yatume:20170706121455j:plain


初代から出演してるヒロインであり、お転婆だけど頭が良い女の子

歴代ヒロインの中でもトップクラスに辛い過去を持っており、その時の出来事から産まれてしまったトラウマを克服してホウオウとルギアに挑むシーンは本当にカッコ良かった

前の二人に比べると少し弱いかもれないが、物語の中にいるだけで安心感を覚える、物語に欠かせない同級生ヒロインのような存在感がある

初代の頃にあった胸からモンスターボールのような演出をまた求む(当時から作者さんが変わってしまってるので無理そう)



カガリ

f:id:kuuri-yatume:20170706193613j:plain


敵の女幹部にも関わらず、下手したら他の章のメインヒロインよりもヒロイン力があり、味方として文字通り命をかけてルビーの事を助けた姿がとても印象的だった

本編では明らかにされてないが、ルビーの事を憎からず思っており、物語でも仲間になるよう勧誘しようとしていた事から、本人でも分かっていないかもしれないが、おそらく恋愛感情に近いものを持っていたと思われる

グラードンカイオーガの暴走を止めるために、サファイアの代わりにルビーと協闘し、二人の命が危険になった際に自分の命を捨ててルビーを助け、フーセンガムに言葉を乗せて最期の言葉を伝えたシーンは涙した

戦いが終わった後、昔捨てた夢であるコンテストをまた始めるために木の実を育ててる姿も可愛かった



A


クリスタル

f:id:kuuri-yatume:20170706190605j:plain

真面目な委員長キャラがかなり好きなため、個人的に高評価

物語で唯一、全部のポケモンを捕まえるという目標のために冒険する人物であり、幼かった当時は色んなボールを使い、足で蹴飛ばしてポケモンを捕まえる様子に驚愕し、カッコいいと思った

ぴょんをつけるネーミングセンスが少しマイナス



ワイ

f:id:kuuri-yatume:20170706190629j:plain


アニメ版のセレナが可愛いすぎるせいで、モチーフが同じこのキャラも結構高評価です

カイバトルの時の衣装は結構好きで、優秀であるが故の周りからの嫌がらせにも屈せず自分の意思を貫き通すのは本編にはない強さがあり、とても良き

XY編は集団催眠やら戦争やら敵キャラがかなり死ぬとか全体的に重い話なので、それに折れない姿も素晴らしい

髪型はミディアムのが好きです



B


ホワイト

f:id:kuuri-yatume:20170706200359j:plain

タレントポケモンを派遣する会社の社長という珍しい属性を持つヒロインであり、しっかりものの女の子

タレントとして活躍してくれてるポケモンに最高の環境を与えるために、最高級のホテルはポケモン達に与え、お金が無いため自分はテントで寝る等、
ポケモンに対して一種の尊敬を払っている点が非常に高評価

ただ、他のヒロインに比べて活躍の場が少なく、見せ場であるポカブと再開するシーンでもこれと言った活躍が無かったのが少し弱いと感じた



カスミ

f:id:kuuri-yatume:20170706201507j:plain

ポケモン本編ではお馴染みの初期ヒロインであり、ポケスペでもレッドのヒロイン第一候補として君臨しているカスミさん

レッドが調子に乗ってるところを諌めたり、ジムトレーナーとしての自覚があることから、ポケモン本編よりもかなりしっかりものである面が見受けられる

レッドとおそらく相思相愛であり、第三章が終わった後に再開してお互いが赤面するシーンは非常に可愛い

ただ、個人的にスポーツ少女にそこまで惹かれないため、少し低評価


C


プラチナ

f:id:kuuri-yatume:20170706195355j:plain

お嬢様キャラであり、それ故に普段から高慢な面があったり、世間常識に乏しい面ややや天然ボケらしい一面があったりするが、旅を進めていくにつれそれらの面が改善していく姿を見守るのは王道とも言えるだろう

しかし、私が高慢な気質があるキャラがあまり好きではないという点が大幅なマイナスとなっており、天然気質のボケも正直あまり面白くなかったのと、ヒロインとしては見せ場が少ないのが微妙でした








ポケスペは本当に好きな作品なので、今度時間があれば男キャラ編も書くと思います
それでは今回はこの辺で
閲覧ありがとうございました!

関東真皇杯ベスト5構築 ~マンダの空元気は弱い~

皆さんお久しぶりです、クゥリと申します。

先日、真皇杯関東予選というオフに参加させて頂いたのですが、ベスト5以内に入れば本戦への出場権を獲得できる仕組みになっており、その中で私はギリギリ5位に入賞する事が出来て本戦への出場権を獲得する事が出来ましたので、使用構築の方を記事にさせて頂きました。

今回使用した構築は、前回参加させて頂いたキツネの社オフの時とほぼほぼ同じ構築であり、詳細な説明は省いて使用感等を軽く説明させて頂きますので、詳細が知りたい場合はキツネの社オフの時の記事を見て頂けると幸いです。

f:id:kuuri-yatume:20170605223241p:plain






f:id:kuuri-yatume:20170507122153g:plain
ブラッキー@残飯
図太い:シンクロ
実数値:201(244)-×-178(252)-×-150-87(12)
・イカサマ
・守る
・欠伸
・願い事

私の嫁ポケモンであり、相棒枠です。

SMではテンプレとなったいつもと同じ技構成で使用しましたが、今回のオフでもしっかりと活躍してくれました。

選出率は構築内で最も高く、メタられるというよりは他のポケモンのついでに対策するというような選出をされる事が多く、あまりこのポケモン自体を考慮した選出はされなかったので、刺さりは非常に良かったです。



選出率 12/13





f:id:kuuri-yatume:20170321174129g:plain
メガボーマンダ@ボーマンダナイト
慎重:威嚇→スカイスキン
実数値:197(212)-165-150-×-152(228)-149(68)
・空元気
地震
・竜の舞
・羽休め

こちらもいつものエース枠のHDメガボーマンダです。

今回は私が最も信頼している空元気地震型を採用しました。

前回のオフとは変わり、恩返し→空元気に変更した理由としては、S3の上位構築に鬼火祟り目メガゲンガーや鬼火メガリザードンX&Yがかなり多く見受けられたという点と、環境に増えてきたと思われる熱湯スイクンや毒持ちのポリゴン2をメタるためでした。

しかし、これが結果的には大失敗で、今回のオフでは一度も鬼火メガゲンガーやメガリザードンに当たることはなく、負けた試合は全て空元気→恩返しにしていれば勝てていた試合だったので、素直に恩返しを採用しておけば良かったです。

しかし、それ以外の試合ではHD故の堅さを生かし全試合活躍してくれたので、完全に私のミスでした。

今回の戦犯その1です。



選出率 5/13





f:id:kuuri-yatume:20170321154106g:plain
トリトドン@地面Z
穏やか:呼び水
実数値:207(164)-×-100(92)-92-147(252)-59
・冷凍ビーム
・大地の力
・地割れ
・自己再生


全く選出しなかったポケモンであり、今回の戦犯その2です。

このポケモンミミッキュやガッサやテッカグヤがいる構築には選出が相当難しいのですが、今回当たった方は殆どがそれらのポケモンを使用していた為選出機会そのものが少なく、肝心の出した試合も、地面Zをコケコに打ったら身代わりで透かされるわ、ゴチルゼルやレヒレがいた為、地割れを当てて崩してやろうとしましたが、当然地割れは外れ、ムンフォ3発でCが三段階下がる等、散々でした。

それでも、一応選出誘導枠としてはそれなりに仕事をしてくれたので、ギリギリ許容範囲内でした。

変えるとしたら真っ先にこのポケモンです。



選出率 2/13




f:id:kuuri-yatume:20170321153931g:plain
ヒードラン@風船
臆病:貰い火
実数値:193(212)-x-131(32)-151(4)-133(52)-135(204)
・ラスターカノン
・鬼火
・ステロ
・吠える

これまでと変わらず、ウチのパーティーの切り込み隊長であり、起点作り役のポケモンです。
調整も技構成も役割も何一つ変更点はないです。
この型を知らない方には、相変わらず何度も鬼火ステロ吠えるで場を荒らす事が出来ていました。

出した試合は全て活躍をしてくれて、このポケモン1体でパーティーをほぼ全壊させる事も2試合程あったので、強かったです。

鬼火を10回以上打ったにも関わらず、一度も外さない偉い子でした。



選出率 11/13




f:id:kuuri-yatume:20170507122026g:plain
ナットレイ@カゴの実
生意気:鉄の刺
実数値:181(252)-114-152(4)-×-184(252)-22(最遅)
・ジャイロボール
・宿り木の種
・毒々
・眠る

変更点として、発動する機会がほぼなかったフィラの実→カゴの実に持ち物を変更しました。

残飯をブラッキーに取られているため、ゴツメやオボンの実に変更する事も考慮しましたが、眠るとのシナジーや催眠メガゲンガーへの少しばかりの解答としてカゴの実を持たせました。

そもそもフィラの実と眠るがアンチシナジーだったので変更は正解で、唯一出した試合は催眠メガゲンガーの催眠をカゴの実で透かして倒すという活躍をしてくれました。

ただ、今回当たった方達の中で出せる構築は少なく、あまりこのポケモンを信頼していないというのもあって選出率は最下位でした。

ただ、選出誘導としてトリトドン以上に活躍してくれたので戦犯ではなかったです。



選出率 1/13





f:id:kuuri-yatume:20170321153735g:plain
メガゲンガー@ゲンガナイト
臆病:呪われボディ→影踏み
実数値:137(12)-×-80-181(244)-95-178(252)
・祟り目
・ヘドロ爆弾
・身代わり
・催眠術

私がゲンガーの中で一番信頼している、これまでと同じ調整の催眠ゲンガーです。
今回のオフでは催眠を打つ機会が3試合あり、5回程打つ機会があったのですが、命中率は5/5と驚異的な命中率を誇り、必要な時に必ず2ターン眠りや最長眠りを引いて負け試合をひっくり返すという活躍を見せたので、本当にとても自覚のあるポケモンでした。

間違いなく今回のMVPです。



選出率 8/13






この構築記事とは別に、真皇杯の自己紹介用に構築記事を書く必要があるそうなので、もしお時間があれば後程目を通して頂けると幸いです。


前回のキツネの社オフに続き、決勝トーナメントに進めただけでなく、本戦に進出する事が出来るという快挙を成し遂げる事が出来て、本当に嬉しいです。
本戦でもしっかりと結果を残せるように頑張りますので、よろしくお願い致します。

当日対戦してくださった皆さん、運営の皆さん、本当にありがとうございました。