クゥリのブラッキーをこよなく愛するポケモン日記

ブラッキーと一緒にレートの高みを目指します

個人的ポケスペヒロインキャラランク

ポケスペの"女性ヒロイン"オンリーのキャラランクです
各章のメインヒロイン(ファイツ、ムーンに関してはその章の物語が完結していないので除外)+私の独断でヒロインと呼んで良いと判断したキャラを書いています
Aランクまではかなりお気に入りのキャラなので詳しく書いていますが、それよりもランキングが低いキャラは少し簡略化する場合もありますので、ご了承下さい

また、若干のネタバレ要素等もあるので、苦手な方はブラウザバックしていただけるとありがたいです









SSS


イエロー・デ・トキワグローブ

f:id:kuuri-yatume:20170601005927j:plain
f:id:kuuri-yatume:20170601005944j:plain
f:id:kuuri-yatume:20170601010008j:plain
f:id:kuuri-yatume:20170601010024j:plain
f:id:kuuri-yatume:20170703114903j:plain
f:id:kuuri-yatume:20170703114919j:plain


もう完全に殿堂入りであり、圧倒的一位であり、最高のヒロイン
このキャラを越えるキャラは今後出ないでしょう

一応説明しておきますと、ポケスペ第二章から登場してるヒロイン兼主人公ポジの女の子で、行方不明になったレッドを助けに行くのが彼女の冒険の始まりです

天然モノではないですが貴重なボクっ娘であり、ボーイッシュな面と幼い少女らしさを残しています。一つ一つの行動が愛くるしく、凛々しく、純朴なのに周りをどこか惹き付ける魅力を持った無自覚魔性型の最高に可愛い女の子です
レッドの事が好きなのですが、本編ではレッドとカスミが良い雰囲気なので、イエローとくっついてくれる望みは薄そうなのが少し悲しいところです

SMでレッドとグリーンが出たので、ほぼほぼ無いとは思いますが、ウルトラSMでの出演に一縷の望みをかけています



SS


オダマキサファイア

f:id:kuuri-yatume:20170706120945j:plain
f:id:kuuri-yatume:20170706121000j:plain


野性味溢れるキャラで、最初見た時は言葉遣いやその姿に大変驚かされたが、その中身は純情で可愛いものが好きな立派な女の子

ルビーへのマボロシ島での告白シーンはポケスペの人気シーンランキング一位に選ばれただけあり、本当に素晴らしい

ルビーの事が大好きで、他のヒロインに比べて重要な場面でしっかりと告白したり、一緒に連れてって欲しいとお願いしたり、素敵な表情でルビーの事を叱ったりと、とても芯が強くてしっかりと自分自身というものを持っており、一つ一つの見せ場で私達の心に響く何かを見せてくれる、私的にヒロイン力がおそらく一番高い女の子である

普段の方言(訛り)も普通のキャラが言うと野暮ったく聞こえるかも知れないが、この子が言うとめっちゃ可愛く聞こえますよね
口から覗いてるキュートな八重歯もグッド



S


ブルー

f:id:kuuri-yatume:20170706121443j:plain
f:id:kuuri-yatume:20170706121455j:plain


初代から出演してるヒロインであり、お転婆だけど頭が良い女の子

歴代ヒロインの中でもトップクラスに辛い過去を持っており、その時の出来事から産まれてしまったトラウマを克服してホウオウとルギアに挑むシーンは本当にカッコ良かった

前の二人に比べると少し弱いかもれないが、物語の中にいるだけで安心感を覚える、物語に欠かせない同級生ヒロインのような存在感がある

初代の頃にあった胸からモンスターボールのような演出をまた求む(当時から作者さんが変わってしまってるので無理そう)



カガリ

f:id:kuuri-yatume:20170706193613j:plain


敵の女幹部にも関わらず、下手したら他の章のメインヒロインよりもヒロイン力があり、味方として文字通り命をかけてルビーの事を助けた姿がとても印象的だった

本編では明らかにされてないが、ルビーの事を憎からず思っており、物語でも仲間になるよう勧誘しようとしていた事から、本人でも分かっていないかもしれないが、おそらく恋愛感情に近いものを持っていたと思われる

グラードンカイオーガの暴走を止めるために、サファイアの代わりにルビーと協闘し、二人の命が危険になった際に自分の命を捨ててルビーを助け、フーセンガムに言葉を乗せて最期の言葉を伝えたシーンは涙した

戦いが終わった後、昔捨てた夢であるコンテストをまた始めるために木の実を育ててる姿も可愛かった



A


クリスタル

f:id:kuuri-yatume:20170706190605j:plain

真面目な委員長キャラがかなり好きなため、個人的に高評価

物語で唯一、全部のポケモンを捕まえるという目標のために冒険する人物であり、幼かった当時は色んなボールを使い、足で蹴飛ばしてポケモンを捕まえる様子に驚愕し、カッコいいと思った

ぴょんをつけるネーミングセンスが少しマイナス



ワイ

f:id:kuuri-yatume:20170706190629j:plain


アニメ版のセレナが可愛いすぎるせいで、モチーフが同じこのキャラも結構高評価です

カイバトルの時の衣装は結構好きで、優秀であるが故の周りからの嫌がらせにも屈せず自分の意思を貫き通すのは本編にはない強さがあり、とても良き

XY編は集団催眠やら戦争やら敵キャラがかなり死ぬとか全体的に重い話なので、それに折れない姿も素晴らしい

髪型はミディアムのが好きです



B


ホワイト

f:id:kuuri-yatume:20170706200359j:plain

タレントポケモンを派遣する会社の社長という珍しい属性を持つヒロインであり、しっかりものの女の子

タレントとして活躍してくれてるポケモンに最高の環境を与えるために、最高級のホテルはポケモン達に与え、お金が無いため自分はテントで寝る等、
ポケモンに対して一種の尊敬を払っている点が非常に高評価

ただ、他のヒロインに比べて活躍の場が少なく、見せ場であるポカブと再開するシーンでもこれと言った活躍が無かったのが少し弱いと感じた



カスミ

f:id:kuuri-yatume:20170706201507j:plain

ポケモン本編ではお馴染みの初期ヒロインであり、ポケスペでもレッドのヒロイン第一候補として君臨しているカスミさん

レッドが調子に乗ってるところを諌めたり、ジムトレーナーとしての自覚があることから、ポケモン本編よりもかなりしっかりものである面が見受けられる

レッドとおそらく相思相愛であり、第三章が終わった後に再開してお互いが赤面するシーンは非常に可愛い

ただ、個人的にスポーツ少女にそこまで惹かれないため、少し低評価


C


プラチナ

f:id:kuuri-yatume:20170706195355j:plain

お嬢様キャラであり、それ故に普段から高慢な面があったり、世間常識に乏しい面ややや天然ボケらしい一面があったりするが、旅を進めていくにつれそれらの面が改善していく姿を見守るのは王道とも言えるだろう

しかし、私が高慢な気質があるキャラがあまり好きではないという点が大幅なマイナスとなっており、天然気質のボケも正直あまり面白くなかったのと、ヒロインとしては見せ場が少ないのが微妙でした








ポケスペは本当に好きな作品なので、今度時間があれば男キャラ編も書くと思います
それでは今回はこの辺で
閲覧ありがとうございました!

関東真皇杯ベスト5構築 ~マンダの空元気は弱い~

皆さんお久しぶりです、クゥリと申します。

先日、真皇杯関東予選というオフに参加させて頂いたのですが、ベスト5以内に入れば本戦への出場権を獲得できる仕組みになっており、その中で私はギリギリ5位に入賞する事が出来て本戦への出場権を獲得する事が出来ましたので、使用構築の方を記事にさせて頂きました。

今回使用した構築は、前回参加させて頂いたキツネの社オフの時とほぼほぼ同じ構築であり、詳細な説明は省いて使用感等を軽く説明させて頂きますので、詳細が知りたい場合はキツネの社オフの時の記事を見て頂けると幸いです。

f:id:kuuri-yatume:20170605223241p:plain






f:id:kuuri-yatume:20170507122153g:plain
ブラッキー@残飯
図太い:シンクロ
実数値:201(244)-×-178(252)-×-150-87(12)
・イカサマ
・守る
・欠伸
・願い事

私の嫁ポケモンであり、相棒枠です。

SMではテンプレとなったいつもと同じ技構成で使用しましたが、今回のオフでもしっかりと活躍してくれました。

選出率は構築内で最も高く、メタられるというよりは他のポケモンのついでに対策するというような選出をされる事が多く、あまりこのポケモン自体を考慮した選出はされなかったので、刺さりは非常に良かったです。



選出率 12/13





f:id:kuuri-yatume:20170321174129g:plain
メガボーマンダ@ボーマンダナイト
慎重:威嚇→スカイスキン
実数値:197(212)-165-150-×-152(228)-149(68)
・空元気
地震
・竜の舞
・羽休め

こちらもいつものエース枠のHDメガボーマンダです。

今回は私が最も信頼している空元気地震型を採用しました。

前回のオフとは変わり、恩返し→空元気に変更した理由としては、S3の上位構築に鬼火祟り目メガゲンガーや鬼火メガリザードンX&Yがかなり多く見受けられたという点と、環境に増えてきたと思われる熱湯スイクンや毒持ちのポリゴン2をメタるためでした。

しかし、これが結果的には大失敗で、今回のオフでは一度も鬼火メガゲンガーやメガリザードンに当たることはなく、負けた試合は全て空元気→恩返しにしていれば勝てていた試合だったので、素直に恩返しを採用しておけば良かったです。

しかし、それ以外の試合ではHD故の堅さを生かし全試合活躍してくれたので、完全に私のミスでした。

今回の戦犯その1です。



選出率 5/13





f:id:kuuri-yatume:20170321154106g:plain
トリトドン@地面Z
穏やか:呼び水
実数値:207(164)-×-100(92)-92-147(252)-59
・冷凍ビーム
・大地の力
・地割れ
・自己再生


全く選出しなかったポケモンであり、今回の戦犯その2です。

このポケモンミミッキュやガッサやテッカグヤがいる構築には選出が相当難しいのですが、今回当たった方は殆どがそれらのポケモンを使用していた為選出機会そのものが少なく、肝心の出した試合も、地面Zをコケコに打ったら身代わりで透かされるわ、ゴチルゼルやレヒレがいた為、地割れを当てて崩してやろうとしましたが、当然地割れは外れ、ムンフォ3発でCが三段階下がる等、散々でした。

それでも、一応選出誘導枠としてはそれなりに仕事をしてくれたので、ギリギリ許容範囲内でした。

変えるとしたら真っ先にこのポケモンです。



選出率 2/13




f:id:kuuri-yatume:20170321153931g:plain
ヒードラン@風船
臆病:貰い火
実数値:193(212)-x-131(32)-151(4)-133(52)-135(204)
・ラスターカノン
・鬼火
・ステロ
・吠える

これまでと変わらず、ウチのパーティーの切り込み隊長であり、起点作り役のポケモンです。
調整も技構成も役割も何一つ変更点はないです。
この型を知らない方には、相変わらず何度も鬼火ステロ吠えるで場を荒らす事が出来ていました。

出した試合は全て活躍をしてくれて、このポケモン1体でパーティーをほぼ全壊させる事も2試合程あったので、強かったです。

鬼火を10回以上打ったにも関わらず、一度も外さない偉い子でした。



選出率 11/13




f:id:kuuri-yatume:20170507122026g:plain
ナットレイ@カゴの実
生意気:鉄の刺
実数値:181(252)-114-152(4)-×-184(252)-22(最遅)
・ジャイロボール
・宿り木の種
・毒々
・眠る

変更点として、発動する機会がほぼなかったフィラの実→カゴの実に持ち物を変更しました。

残飯をブラッキーに取られているため、ゴツメやオボンの実に変更する事も考慮しましたが、眠るとのシナジーや催眠メガゲンガーへの少しばかりの解答としてカゴの実を持たせました。

そもそもフィラの実と眠るがアンチシナジーだったので変更は正解で、唯一出した試合は催眠メガゲンガーの催眠をカゴの実で透かして倒すという活躍をしてくれました。

ただ、今回当たった方達の中で出せる構築は少なく、あまりこのポケモンを信頼していないというのもあって選出率は最下位でした。

ただ、選出誘導としてトリトドン以上に活躍してくれたので戦犯ではなかったです。



選出率 1/13





f:id:kuuri-yatume:20170321153735g:plain
メガゲンガー@ゲンガナイト
臆病:呪われボディ→影踏み
実数値:137(12)-×-80-181(244)-95-178(252)
・祟り目
・ヘドロ爆弾
・身代わり
・催眠術

私がゲンガーの中で一番信頼している、これまでと同じ調整の催眠ゲンガーです。
今回のオフでは催眠を打つ機会が3試合あり、5回程打つ機会があったのですが、命中率は5/5と驚異的な命中率を誇り、必要な時に必ず2ターン眠りや最長眠りを引いて負け試合をひっくり返すという活躍を見せたので、本当にとても自覚のあるポケモンでした。

間違いなく今回のMVPです。



選出率 8/13






この構築記事とは別に、真皇杯の自己紹介用に構築記事を書く必要があるそうなので、もしお時間があれば後程目を通して頂けると幸いです。


前回のキツネの社オフに続き、決勝トーナメントに進めただけでなく、本戦に進出する事が出来るという快挙を成し遂げる事が出来て、本当に嬉しいです。
本戦でもしっかりと結果を残せるように頑張りますので、よろしくお願い致します。

当日対戦してくださった皆さん、運営の皆さん、本当にありがとうございました。

個人的ポケスペヒロインキャラランク

適当に思い付いたので10分で書きました

SSS

イエロー・デ・トキワグローブ

f:id:kuuri-yatume:20170601005927j:plain
f:id:kuuri-yatume:20170601005944j:plain
f:id:kuuri-yatume:20170601010008j:plain
f:id:kuuri-yatume:20170601010024j:plain

殿堂入り
このキャラを越えるキャラは今後出ないと思われる
私の家族になってください
一緒にどこかにのんびり旅行したいです



SS

オダマキサファイア

あの告白シーンは良さしかない
純情で可愛い



S

ブルー

FRLGの時の衣装がすこ
初代の胸からモンスターボールのような演出をまた求む


A

ワイ

アニメ版のセレナのおかげで大分評価が高い
髪型はミディアムのが好きです



B

クリスタル

真面目な委員長キャラが好きだから良き
ぴょんをつけるネーミングセンスがマイナス



C

プラチナ、ホワイト

魅力を感じなかった
特に語ることなし






ムーンは物語が全く進んでないので対象外です
誰かポケスペ関連の記事書いてください

個人的(二次元)キャラランク

今回の記事はポケモンではなく、私の好きな2次元キャラのランキングです
FFの人が結構書いてたので流行りに乗って書いてみました
エロゲはやったことなく、ギャルゲは2本しかやったことないので、そっち方面のキャラはほぼ無いですが許して



S



f:id:kuuri-yatume:20170519114820j:plain

来ヶ谷唯湖(リトルバスターズ!)

私がオタク趣味にはまるキッカケとなったゲーム『リトルバスターズ!』のヒロインの一人
おっぱいボイーンでめっちゃ大人で姉御っぽい雰囲気なのに可愛い、とにかく可愛い
主人公に対して、「恋してるって方の好きなんだ」と照れながら告白するシーンは本当に良き
また、自分は報われないと理解しているのに告白する、アニメでの主人公との別れのシーンが好きすぎる




f:id:kuuri-yatume:20170519120344j:plain

イエロー・デ・トキワグローブ(ポケスペ)

ポケスペの初期から登場してる、ヒロイン兼主人公ポジの女の子
天然モノではないけど貴重なボクっ娘であり、一つ一つの行動に無邪気で幼いが故の可愛さがあり、最高です
ポケモンが進化しちゃっただけで泣いたりするのに、強敵に立ち向かう時は凛々しく勇敢に立ち向かう姿は惚れる
レッドの事が好きなのに中々それを伝えられないウブな所もgood👌



A



f:id:kuuri-yatume:20170519122402j:plain

響ミソラ(流星のロックマン)

主人公と同じく親をなくし、一人ぼっち同士の二人が"絆"を深め、共に成長していく姿がメチャクチャ格好いい
好きな人のために、友達のために、自分を犠牲にしてでも助けようと奮闘する姿が好き
しかも格好良いだけでなく、料理がそこまで上手くなかったり虫が嫌いだったりと、可愛い女の子として非常に隙がないヒロインである



f:id:kuuri-yatume:20170519123631j:plain

ユウキ(SAO)

可愛い
可愛さのカタマリであり、またもやボクっ娘
凄い健気な子で、無邪気で、個人的に闇落ちさせたい女の子No.1!
恋愛の好きというよりは、妹や家族としての好きに近い感情を持ってる
マザーズロザリオでのアスナとの別れのシーンは必見モノ



f:id:kuuri-yatume:20170521204304j:plain

二木佳奈多(リトルバスターズ!)

ツンデレとクーデレが合わさり最強になった女の子
普段のツンケンしてる態度からの、分かりづらいが可愛さ溢れるデレは胸キュンポイント
親に虐待されており、それがキッカケで仲が悪くなってしまった妹と最終的に仲直りして嬉し涙を流すシーンは、百合は苦手なはずの私ですら涙した
生徒会長系の真面目な女の子が好きになった原因は、間違いなくこの子のせい



f:id:kuuri-yatume:20170521205452j:plain

藤林杏(CLANNAD)

ブルマがめっちゃ似合う活発的な女の子
とにかく他人思いな子で、世話を焼くのが好きな優しい子である(幼なじみとかでいたら最高だった)
大人になると保育園の先生をやっていて、私も小さい子の世話を焼くのが好きなので、結婚したい
二木佳奈多に続き姉妹の姉の方であるため、世話焼き好きでツンデレ姉属性が私は好きなのかもしれない



f:id:kuuri-yatume:20170520131740j:plain

玉藻の前(fate)

自分自身を良妻狐と自称するだけあり、献身的なほどの世話をするその姿はまさに良妻賢母
だけど、中身はデレッデレな乙女狐で、そのご主人様至上主義な愛は本当に可愛い
コミカルもシリアスも完璧にこなすキャラで、FGOを始めたキッカケの半分くらいは玉藻のおかげである
個人的結婚したいランキングベスト1!
みこーん!みこーん!



B



f:id:kuuri-yatume:20170520140800j:plain

金色の闇(ToLOVEる)

中学生の頃読んでたジャンプで衝撃を受けたヒロイン
あんなにえっちぃ漫画が世にあるなんて思っていなかった所に、『えっちぃのはきらいです…』なんて言われてしまい、当時の私のハートはドッキドキでした
私もあんな可愛い子に罵っ…注意して頂きたいものです




f:id:kuuri-yatume:20170521203329j:plain

ウェンディ・マーベル(フェアリーテイル)

初期の髪よりツインテールの髪のが好きな女の子
個人的にはブレスを打つ際に口を膨らませるシーンがお気にいりで、日常シーンだけでなく戦闘シーンでも可愛さを忘れない
梅干しが嫌いという所も私と同じで趣味が合いそうで評価⤴️
妹にしたい、妹にさせてください



f:id:kuuri-yatume:20170519124516j:plain

ハイディ・アインハルト・ストラトス・イングヴァルド(リリカルなのは)

とある方の二次小説を読んで凄く心惹かれた女の子
基本的に作中では『アインハルト・ストラトス』と呼ばれているが、その人が『ハイディちゃん』とばかり呼んでいたので、私もそう呼んでいる
ハイディちゃん可愛いよハイディちゃん!





私はロリコンではありません

キツネの社ベスト8構築 ~マンダの恩返しは強い~

皆さんお久しぶりです、クゥリと申します。
先日、第15回キツネの社というオフに参加させて頂いたのですが、そのオフでベスト8という結果を残すことが出来たので、記念に構築の方を記事にして纏めておこうと思います。
S2の時と同じ個体が多いため、同じ個体を使用している場合はそのポケモンに関しては簡略的に書かせて頂きますので、詳細が知りたい場合はS2の時の記事を見て頂けると幸いです。

f:id:kuuri-yatume:20170507123548p:plain






f:id:kuuri-yatume:20170507122153g:plain
ブラッキー@残飯
図太い:シンクロ
実数値:201(244)-×-178(252)-×-150-87(12)
・イカサマ
・守る
・欠伸
・願い事

私の嫁ポケモンであり、相棒枠です。
S2の時と調整や構成は全く同じであり、私が一番信頼している受けポケモンで、今回のオフでもしっかりと活躍してくれました。
身内と当たった時はこのポケモンを意識した選出をされることが多かったので、ほぼほぼ出すことはなかったですが、選出圧力にはなっていたので良きです。
ベスト32位までに入ってる人でブラッキー使ってる人が私しかいなかったので、皆さんもっとブラッキーを使いましょう。(なおKP自体は8もあった模様)


選出率 8/12





f:id:kuuri-yatume:20170321174129g:plain
メガボーマンダ@ボーマンダナイト
慎重:威嚇→スカイスキン
実数値:197(212)-165-150-×-152(228)-149(68)
・恩返し
地震
・竜の舞
・羽休め

いつものエース枠のHDメガボーマンダです。

信頼している空元気ではなく恩返しを採用しているのは、後述するナットレイが眠るを持っているため熱湯持ちや鬼火持ちはある程度対処が効くのと、私はずっと空元気しか使っていないため、私の構築を知ってる、あるいは身内の方が空元気読みの立ち回りをしてくれるのではないかと期待し、計算を狂わせる事が出来るのではと考えたからです。
実際、人読みで恩返し無考慮の動きをされたり、1舞恩返しでなら倒せて1舞空元気では倒せないという場面もいくつかあり、それで勝ちを拾った試合もあったので、今回は恩返しを採用して正解でした。

S2と比べてSの実数値を149まで上げた理由は、最近たまに準速の挑発持ちミミッキュと遭遇し、同速勝負に負けると竜舞できずにミミッキュに負けてしまう事があったからです。


選出率 6/12





f:id:kuuri-yatume:20170321154106g:plain
トリトドン@地面Z
穏やか:呼び水
実数値:207(164)-×-100(92)-92-147(252)-59
・冷凍ビーム
・大地の力
・地割れ
・自己再生


S2の構築から大きく変更した地雷枠その1。

調整はDを少しでも厚くしたかったので限界まで振り、
陽気メガルカリオのインファを超高乱数耐え
意地珠バシャの膝を高乱数耐え
意地メガボーマンダの捨て身を最高乱数以外耐え
になるようにHBを調整しました。

地面Zはこの構築の地雷ポイントで、メガルカリオ、バシャ、メガゲンガー、メガグロス、メガリザX辺りは、確定一発で持っていくことができ、何よりも読まれないため、火力がないと侮って居座ってくるポケモンを何度も地面Zで吹っ飛ばしてました。

ミミッキュに起点にされることを除けばとても強いです。(対面しないよう立ち回るか、対面したら地割れを当てたりレイビで凍らせましょう)

そして、相変わらず地割れを全く当ててくれませんでした(確か1/6)


選出率 4/12




f:id:kuuri-yatume:20170321153931g:plain
ヒードラン@風船
臆病:貰い火
実数値:193(212)-x-131(32)-151(4)-133(52)-135(204)
・ラスターカノン
・鬼火
・ステロ
・吠える

S2と変わらず、ウチのパーティーの切り込み隊長であり、起点作り役のポケモンです。
調整はS2と比べてSを若干落として耐久方面に回しました。
私のヒードランの型を知っていない人には非常に強く出ることができ、オフでも何度も鬼火ステロ吠えるで場を荒らしていました。
ただ、知り合いには完全に型バレしているため非常に弱く、レートで試運転してた時は知り合いと当たると、ヒードランに対してガルドやヒードランカミツルギ等が必ず突っ張ってきたりして色々キツいので、ほぼほぼ選出しませんでした。

ラスカノを変えてマグストや噴煙に変えたりしてみたのですが、ミミッキュとテテフの処理を任せているのにも関わらず、それらに安定して勝てなくなるという大問題が発生したので泣く泣くラスカノにしました。


選出率 9/12




f:id:kuuri-yatume:20170507122026g:plain
ナットレイ@フィラの実
生意気:鉄の刺
実数値:181(252)-114-152(4)-×-184(252)-22(最遅)
・ジャイロボール
・宿り木の種
・毒々
・眠る

S2の構築から大きく変化した地雷枠その2。
この構築で重いコケコ、レヒレ、テテフ、ミミッキュ、アシレ、ポリ2辺りを見る為に採用しました。

HDに特化させた理由としては、ミミッキュの1舞ゴーストZならBに振らなくても耐えられるということと、残りの役割対象4体が全て特殊なので、HDの方が役割が持てると判断したためです。実際、HDにしたことで勝てた試合が2つ程ありましたので、間違ってなかったと思います。

サイクルを回す上で、熱湯や鬼火受けはこれまでマンダに任せていたのですが、空元気を恩返しに変えたため、代わりにナットレイにその役割を持たせるため、そして、カプシリーズの自然の怒りをよく受ける事が多かったので、サイクルを回す際に宿り木以外にも回復ソースが無いと少し厳しいと思い、眠るを採用しました。

フィラの実は眠るを使う暇がないようなパーティーの場合に回復ソースとして活躍してくれました。


選出率 4/12





f:id:kuuri-yatume:20170321153735g:plain
メガゲンガー@ゲンガナイト
臆病:浮遊→影踏み
実数値:137(12)-×-80-181(244)-95-178(252)
・祟り目
・ヘドロ爆弾
・身代わり
・催眠術

私がゲンガーの中で一番信頼している、S2と同じ調整の催眠ゲンガーです。
オフでは催眠を打つ機会は2回しかなかったですが、両方とも一発で当てるかつ2ターン眠りと最長眠りを引いたので、とても自覚のあるポケモンでした。

今回のオフではそれなりに選出していたのですが、このポケモン自体が活躍したのは催眠を当てた2試合だけで、残りは選出したけど出さないで勝利、ヘドロ爆弾をオニゴーリに打つだけ、もう既に負け確定の場面で登場する等、あまり目立った活躍はなかったです。

ただ、このボケモンをかなり意識した選出はされていたので、それだけでも十分役割は果たしたと思います。


選出率 5/12




こちらが、今回のベスト8以上の人に配られる賞状です。
f:id:kuuri-yatume:20170507121945j:plain

私は2日前に行われたファクトリーオフがオフ初参加であり、その際は5-4で予選を抜ける事が出来ずに悔しい思いをしたので、今回のキツネの社オフで7-2で決勝トーナメントに進み、ベスト8まで進むことが出来たのは本当に嬉しかったです。
ちなみに、最初に2連敗してしまったため、戦績が7-2はないと決勝トーナメントに行くのは難しいという話を聞いていたため、正直2敗した時点で決勝トーナメント進出はほぼ諦めていたのですが、そこから怒濤の7連勝で7-2という戦績になり、更に決勝トーナメントで2連勝して合計9連勝するという快挙を成し遂げる事が出来たので、良かったです。
対戦してくださった皆さん、ありがとうございました。