クゥリのブラッキーをこよなく愛するポケモン日記

ブラッキーと一緒にレートの高みを目指します

オフ実績 まとめ

f:id:kuuri-yatume:20180528175802j:plain



第2回ファクトリーオフ 予選落ちブロック3位

第15回キツネの社オフ 予選抜け全体18位 決勝トーナメントベスト8

第3回関東真皇杯 予選抜けブロック1位 決勝トーナメントベスト5 本戦出場券獲得

第3回真皇杯本戦 予選落ちブロック3位

第34回シングル厨 予選抜けブロック1位 決勝トーナメントベスト13

第3回バトンタッチオフ 予選抜けブロック1位 決勝トーナメント優勝 チャンピオン防衛戦勝利

第7回JPNOPEN 予選抜けブロック2位 決勝トーナメントベスト8

第4回へべれけオフ 予選抜けブロック1位 決勝トーナメント1落ち

第1回Zフェス 予選落ちブロック2位 エキシビションマッチVSアーモンド戦勝利

第2回サブローカップ 予選抜けブロック1位 決勝トーナメント優勝 個人成績8-1 チーム戦績8-1

第4回バトンタッチオフ 予選抜けブロック1位 決勝トーナメント準優勝 チャンピオン防衛戦勝利

第5回へべれけオフ 予選抜けブロック1位 決勝トーナメント優勝

第1回もっちゃんθオフ 16チームトーナメント戦優勝

第18回カンポケオフ 予選落ちブロック3位

第3回ファクトリーオフ 予選抜けブロック1位 決勝トーナメントベスト16

第5回バトンタッチオフ チャンピオン防衛戦勝利

第4回真皇杯ラスチャレ 予選6-1ブロック1位 決勝トーナメント準優勝

第4回真皇杯本戦 予選5-1ブロック1位 決勝トーナメントベスト6

第13回ぽちゃオフ 予選5-0ブロック1位 決勝トーナメント優勝

第10回JPNOPEN 予選7-2ブロック1位 決勝トーナメントベスト3

第4回サブローカップ 予選3-2 チーム4-1 一位抜け 決勝トーナメント3-1 準優勝

第19回カンポケオフ 予選3-4 予選落ち

第3回ジェネオフ 予選4-3 チーム6-1 一位抜け 決勝トーナメント0-1 一回戦落ち

第2回ガバオフ 予選6-3 一位抜け 決勝トーナメントベスト8

第1回BattleFrontierオフ 予選6-2 7位抜け 決勝トーナメント優勝

第1回Hazeオフ 予選5-3 ブロック5位 予選落ち

第6回バトンタッチオフ チャンピオン防衛戦成功(4回連続チャンピオン達成)

S12 ブラマンダ(仮)

サムネ用
f:id:kuuri-yatume:20181106230255j:plain




今期はリアルが忙しすぎて殆どレートに潜れず、最終日の二週間位前に1900位まで上げた後は一度もレートをする機会が無かったので、結果は何も出せていません。
しかし、今後も暫くレートをやる時間が確保できないと思うので、温めていた構築をこのまま腐らせるのは勿体無いと考えたため、私が現時点で一番強いと感じているブラマンダの構築を公開しておきます。

ちゃんとした記事を書くモチベーションは無かったので、SDの画像をスクショしたものを貼り付けて、既存の構築との変更点だけ軽く画像の下に纏めておきます。


f:id:kuuri-yatume:20181106223158j:plain
f:id:kuuri-yatume:20181106223210j:plain




変更点


ミミッキュの鬼火を電磁波に変更
ゲンガーの調整及び催眠術を鬼火に変更


変更意図


ミミッキュ

ミミッキュで相手に鬼火を入れて裏のブラッキーやメガ枠でのサイクルを楽にするよりも、電磁波を相手に入れて上からブラッキーで叩く方が強い(主にミミッキュ等)。
マンダが身代わりを持っていない関係上、鬼火を入れても相手が岩石封じ等で起点を回避してくる事が多かったので、鬼火である必要が薄かった。
襷激流ゲッコが増えていたが影打ちを持っていない関係上、ミミZ+影打ちで縛る事が出来ず相手のゲッコに対して安定しなかったため、電磁波→ミミZと繋ぐ方が「麻痺バグ期待+ミミッキュで処理できなくても後続で容易に処理出来る」ため。



・ゲンガー

調整意図(いつも通りアーモンドさんから貰った調整なので、もし質問とかあれば私ではなくアーモンドさんにお願いします)

HB
・A115グライの地震15/16耐え
・A116グライの地震14/16耐え
HD
・珠コケコの10万14/16耐え
C
・179-139グライオン(状態異常)をポイヒ回復2回込みで祟り目^2で98%の乱数(181-139だと95%)
・祟り目で137-115メガゲン14/16の乱1
S
・最速

ゲンガーを初手に出したい構築が結構多かったのと、私が苦手としているルカリオやマンダゴーリやグロスヒレグライのような構築に対して強く出れるようにしたかったので、耐久に多少厚く振って催眠術を鬼火に変更した。
おまけとして、催眠ゲンガーを一点読みしてくる人に対しては通りがめちゃくちゃ良く、初手に投げたこのポケモン一匹で3タテする事もそれなりにあった。
鬼火に変更した事で選出率が格段に上がったので変更は正解だったと思うが、催眠術も鬼火も一長一短なので、環境次第でまた技構成や調整は変更する必要があると思った。





S12潜ってた方達はお疲れ様でした!

BattleFrontierオフ優勝構築 ~鏡花水月ブラマンダ~

皆さんお久しぶりです、クゥリと申します。
今回は先日行われたBattleFrontierというオフで優勝する事が出来たので、その時使用した構築を紹介したいと思い記事にしました。
ただ、並び自体は真皇杯の際に使用した構築(過去記事参照 http://kuuri-yatume.hatenablog.com/entry/2018/07/16/003903 )と全く同じで、所々細かいところが違うだけなので変更したポケモン以外は短く纏めておりますがご容赦下さい。

f:id:kuuri-yatume:20180924214912p:plain








f:id:kuuri-yatume:20170507122153g:plain
ブラッキー@残飯
図太い:シンクロ
実数値:202(252)-×-178(252)-×-150-86(4)
イカサマ
・守る
・欠伸
・願い事


嫁枠兼相棒枠。
サイクルを回す上での核となるので最強でした。
今回のオフではブラッキーが刺さってる構築がめっちゃ少なかったので、選出率は結構控えめだったのが悲しいです。


選出率 7/13 2位






f:id:kuuri-yatume:20170321174129g:plain
メガボーマンダ@ボーマンダナイト
意地:威嚇→スカイスキン
実数値:197(212)-187(36)-151(4)-×-129(148)-154(108)
・恩返し
地震
・竜の舞
・羽休め


ボーマンダが環境に増えすぎたので、一般的なHDベースのボーマンダよりもSを若干伸ばして、多少なりともマンダミラーの際に上から殴れるようにしました。
212-52-4-×-156-84マンダに比べてAとDをほんの少しSに回した事によって
恩返しでH4振りミミッキュが確定落ち→14/16落ち
C4振りアナライズポリ2のレイビを14/16で耐え→無振りアナライズポリ2のレイビを14/16で耐え
という風に若干乱数に甘えることになりましたが、一度も困った場面に遭遇したことはなく、Sを伸ばした事によってこちらのボーマンダで多少なりとも相手のボーマンダに対して強く出れるようになった恩恵の方が明らかに大きく感じたので、正解だったと思います。

この調整はアーモンドさんに「なんか強そうなHDボーマンダの調整ちょーだい」と聞いたら教えてくれました。
確か彼のブログにも同じ調整のボーマンダを使った構築記事があったので、良ければ見て下さい。


選出率 8/13 1位





f:id:kuuri-yatume:20180716002354g:plain
ミミッキュ@ミミッキュZ
陽気:化けの皮
実数値:141(84)-129(148)-101(4)-×-128(20)-162(252)
・じゃれつく
・鬼火
・毒々
・呪い


HDにある程度振った起点作り兼ストッパーの役割を果たしていたミミッキュで、以前使ってた技構成から電磁波を毒々に変更して使用してました。
私の構築で重いポケモンに耐久系のポケモンが多かったのと、電磁波を打ちたいポケモンがリザガモス位しかいない上に、後述のヒードランの型が周知されてる為かリザガモスが滅多に選出される事が無かったので変更しましたが、そのおかげでマンダやゲンガーでの詰め筋が大幅に増えたので、電磁波から毒々への変更は大正解でした。

HDにある程度振ることで私の苦手な襷激流ゲッコウガに対して、水手裏剣5発(皮があるので実質4発)+激流状態の熱湯を(焼けなければ)確定で耐えて返り討ちにする事が出来るようになりました。

調整はBFオフ当日の午前1時位にアーモンドさんに「なんかゲッコウガに強そうな良い調整ない?」と聞いたら(ry

ボーマンダと違って、Aを削ったせいで色んなポケモンにミリ耐えされるということがあったのでめっちゃ弱かったです。皆さん大人しくASミミッキュを使いましょう。


選出率 7/13 2位





f:id:kuuri-yatume:20171223194855g:plain
ヒードラン@風船
臆病:貰い火
実数値:197(244)-x-129(20)-151(4)-130(28)-136(212)
・噴煙
・鬼火
ステルスロック
・吠える


最近ラスターカノンを打ちたいポケモンが減ったので噴煙を採用しました。
カグヤやガルド入りに強く出られるようになったので変更して良かったです。


選出率 6/13 4位





f:id:kuuri-yatume:20171110094415g:plain
ナットレイ@ウイの実
生意気:鉄の刺
実数値:181(252)-114-160(68)-×-176(188)-22(最遅)
・ジャイロボール
・宿り木の種
・毒々
・守る


前シーズンの終わり位からこのポケモンが刺さる構築がかなり増えたので、ここ最近はめっちゃ信頼してるポケモンです。
ナットレイ+ブラッキー+メガ枠で陰キャサイクル回してる時が一番楽しいです。


選出率 6/13 4位





f:id:kuuri-yatume:20170321153735g:plain
メガゲンガー@ゲンガナイト
臆病:呪われボディ→影踏み
実数値:137(12)-×-100-221(244)-115-200(252)
・祟り目
・ヘドロ爆弾
・催眠術
・身代わり


いつもの催眠ゲンガー。
色んなポケモンの上から祟り目とヘド爆を叩き込む仕事をしてました。
催眠は身内のルカリオ使いに1度だけ打ったけど外して負けました。


選出率 5/13 6位





6世代と7世代の強い方達をたくさん集めました!という感じの大規模ガチ対戦オフで優勝出来て非常に嬉しいです。
勝戦で対戦させて頂いた【かいるさん】とは、先週のガバオフというオフの決勝トーナメントでも対戦を行い、対戦後に「来週のBFオフの決勝でも戦えるようお互い頑張ろうぜ!」みたいな感じの約束をしてたのですが、本当に決勝の場で闘うことになりお互いめっちゃテンションが上がっていました。
また決勝戦の解説を、【たかきおすさん】、【バンビーさん】、【じるぽけさん】というポケモンやってる人なら1度は聞いたことがあるような、非常に有名な方達にして貰えたのは、とても光栄でした。

オフで話して下さったり対戦して下さった皆さん、本当にありがとうございました!

起点作りミミッキュ

f:id:kuuri-yatume:20180831195803j:plain
サムネ用

最近起点作りミミッキュの様々な型を試していましたが、個人的に結構強かったと感じた型を紹介します。
調整は陽気ASです。


ミミッキュ@ゴーストz
・シャドクロ
・鬼火
・電磁波
・毒々


最近ミミッキュz持ち+ゴースト技が無いという事を前提とした立ち回りをされる事がかなり多かった為じゃれつく→シャドクロに変更した型を使用していましたが、こちらの型を一点読みのプレイングを取ってくる相手にeasy winをする事が出来たので使い勝手が良かったです。ただ、ミミッキュzと違って素の火力が無いので一長一短って感じでした。

呪いは主にゴーリと速い身代わりマンダ等に打つ技でしたが、ゴーリには呪いを持っていても2回位は零度を打たれて処理される可能性があったり、身代わりじゃなくて地震持ちのマンダが体感増えたように感じた為、呪いを抜いて起点作りの範囲を広げる事を優先した型を試してみましたが結構強かったです。

ブラッキーの特性をシンクロにする理由

f:id:kuuri-yatume:20180826190055j:plain
サムネ用




時々お題箱やオフであった人に「ブラッキーの特性は精神力じゃだめなんですか?」という質問を受ける事があったので記事にしました。

結論から言うと、私個人の考えとしてはブラッキーの特性は「シンクロ一択」です。(型は私の使用しているテンプレートのもの、構築も私の使用している構築と仮定します)

分かりやすくシンクロにするメリットとデメリットに分けて説明してみます。


主なシンクロのメリット

ブラッキーで倒す事が出来ず、欠伸で流すしかない耐久が高い受けポケモン(ポリ2、サンダー等)から毒を貰う事で強引に突破を狙うことが出来る。また、ほぼ確実に控えに羽持ちのボーマンダや身代わり持ちのゲンガーを選出しているため、毒さえ入れてしまえばターンを稼ぐことで突破出来るため、処理ルートがかなり増える。

・身代わり持ちの状態異常にする技を持つポケモンに対してテンプレ型のブラッキーではイカサマで身代わりが割れない場合、欠伸を入れて流す事さえ出来ないが、シンクロは身代わりを貫通して状態異常を相手に入れる事が出来る(激流熱湯身代わりゲッコウガ、毒身代わり残飯サンダー等)。相手を状態異常にする事が出来る技を所持+身代わりを所持しているパターンは、積み技を持っている事は非常に少ないため、無償でブラッキーを突破されてしまうはずが1:1交換にまで持っていける。

・裏に祟り目身代わりゲンガーが控えている場合、相手を状態異常に出来る機会が多い方がゲンガーを通す際に非常に有効である。

・上記等の理由から、特定のポケモンや戦術に怯えることなく選出する事が可能になるため、選出率の向上や選出した際に腐る事がなくなる。


主なデメリット

・怯ませて突破を狙って来るポケモン(メタグロス等)に対して怯んで負けてしまう可能性が生まれるため、本来の役割対象に対しての立ち回りが少し不安定になる。

・ステロ+欠伸ループを行う際に、熱湯等によってシンクロが発動して相手に余計な状態異常が入り、欠伸ループが中断される可能性がある。



他にも幾つか細かなメリットやデメリットはありますが、大体こんな所です。

私自身の考えとしては、ステロ+欠伸ループ+ラストのエース1体で全抜きを狙う構築、もしくはメタグロスに余程の恨みを持っていたり、ブラッキー1体でしかメタグロスが見れない構築の場合は精神力を採用しても良いとは思っています。ただ、シンクロにするメリットと比べて得られる恩恵が少ない上に、ブラッキーを選出する機会が大幅に減ってしまうと考えているので、オススメは出来ないです。

なので、ブラッキーを使ってみようと思っていて迷っている人は、とりあえずシンクロを使ってみるのをオススメします。しかし、使っている内に精神力の方が使いやすいと感じる人も当然いると思いますので、そこは個々人で判断して頂くようお願いします。



何か意見や批判等があれば@kuuri_yatsumeまでリプライかDMをお願いします。