クゥリのブラッキーをこよなく愛するポケモン日記

ブラッキーと一緒にレートの高みを目指します

真皇杯ラスチャレ準優勝&本戦ベスト6構築

皆さんお久しぶりです、クゥリと申します。
今回は真皇杯のラスチャレで使用して準優勝&本戦で使用してベスト6まで進出した構築を紹介させて頂きたいと思い、記事を書かせて頂きました。
帰宅中に書いているため簡易的なものになりますがご容赦下さい。

f:id:kuuri-yatume:20180716001719p:plain








f:id:kuuri-yatume:20170507122153g:plain
ブラッキー@残飯
図太い:シンクロ
実数値:202(252)-×-178(252)-×-150-86(4)
イカサマ
・守る
・欠伸
・願い事


間違いなくこの構築のMVPであり、ラスチャレの決勝トーナメントの一戦と本戦予選の一戦の計2試合以外は全て選出した為、私の構築で一番選出された嫁ポケ&相棒枠
ブラッキーのお陰で勝てた試合が数え切れない程あったので、私が一番信頼してる最強ポケモンです
出した試合は毎回必ず大活躍をしてくれました

本当にありがとう、お疲れ様でした


選出率 20/22 1位





f:id:kuuri-yatume:20170321174129g:plain
メガボーマンダ@ボーマンダナイト
意地:威嚇→スカイスキン
実数値:193(180)-190(60)-151(4)-×-112(12)-172(252)
・恩返し
・竜の舞
・羽休め
・身代わり


http://blog.livedoor.jp/tama_poke/archives/1071919924.html
こちらの『たま』さんという方のボーマンダの調整をお借りしています
現環境で後述のミミッキュと組み合わせるにはこの技構成が最適だと感じ地震→身代わりに変更しました

この構築の圧倒的エースで何回も試合を決めてくれました


選出率 17/22 2位





f:id:kuuri-yatume:20180716002354g:plain
ミミッキュ@ミミッキュZ
陽気:化けの皮
実数値:131(4)-142(252)-100-×-125-162(252)
・じゃれつく
・鬼火
・電磁波
・呪い


http://blog.livedoor.jp/tama_poke/archives/1071919924.html
こちらも『たま』さんという方のミミッキュの調整をお借りしています
選出した試合は殆ど全て初手に投げて状態異常を撒いたりZで削って、マンダの起点を作ったり全抜きをするためのお膳立てをしてくれました
HPが1でも残れば仕事を立派に果たすのが強かったです


選出率 16/22 3位




f:id:kuuri-yatume:20171223194855g:plain
ヒードラン@風船
臆病:貰い火
実数値:197(244)-x-129(20)-151(4)-133(28)-136(212)
・ラスターカノン
・鬼火
・ステロ
・吠える


いつもの
今回は起点作り役をミミッキュにも担って貰ったので、選出率はかなり控えめ
相変わらずドランに鋼タイプで無限に突っ張られるのが辛かったです


選出率 3/22 6位





f:id:kuuri-yatume:20171110094415g:plain
ナットレイ@ウイの実
生意気:鉄の刺
実数値:181(252)-114-160(68)-×-176(188)-22(最遅)
・ジャイロボール
・宿り木の種
・毒々
・守る

これもドラン同様いつものやつです
構築で重いカプシリーズ等を見るために採用してました
基本選出がミミッキュ+ブラッキー+マンダだったので、ミミッキュが選出することが出来ない時に重いポケモンを受ける為に選出してました


選出率 5/22 4位





f:id:kuuri-yatume:20170321153735g:plain
メガゲンガー@ゲンガナイト
臆病:呪われボディ→影踏み
実数値:137(12)-×-100-221(244)-115-200(252)
・祟り目
・ヘドロ爆弾
・身代わり
・催眠術


これもいつもの催眠ゲンガーです
ボーマンダが通せないような受け回しに主に選出をしていました
構築をボーマンダに寄せてることもあり、選出する機会はボーマンダに比べてかなり控えめでした


選出率 5/22 4位




本当に楽しいオフで、ポケモンのモチベーションがめっちゃ上がりました
その中でも一番楽しかった試合は、今回真皇に就任された『むくれねこ』さんとの本戦決勝トーナメントの試合でした。
機会があればcas等で放送するかもしれないです

普段お話しできないような方達ともたくさん話すことが出来たので、非常に有意義な時間を過ごせたと思います

皆さん、本当にお疲れ様でした!

真皇杯ラスチャレ使用構築

f:id:kuuri-yatume:20180714204027j:plain
サムネ用


https://3ds-sp.pokemon-gl.com/rentalteam/usum/BT-464F-A9E3

調整等は公式アカウントで公開されるらしいので、並びと技だけQRで紹介しておきます

なつき度の関係上、恩返し→捨て身に変更しておりますが、脳内補完して頂けると助かります

皆さんお疲れ様でした!

ネタ構築 ~光の粉ブルルwithドランガルド~

サムネ用
f:id:kuuri-yatume:20180702203827j:plain



~構築経緯~

ある日、私が仲良くさせて頂いているFFの某R氏とリアルでお会いする機会があり、都内のカフェで3時間位談笑を行い、話題がポケモンの話に移行した時にR氏が突然こんな事を言い出した。

「俺SMのシーズン1で光の粉ブルルと煙幕キングドラで199×位まで行って強かったから、クゥロリも使ってみて!」と。

私は目の前にいる友人の頭がおかしくなってしまったのではないかと思い何度か訪ね直してみるが、返ってくる言葉は「いや、実際強いねんて、使ったら分かるって」という、私には到底理解することの出来ない理論を提案してきた。
しかし、当然使う気が起きなかった私はやんわりと断ろうと思い、ダメ元で通らないであろう提案をしてみることにした。

「光の粉ブルル使って2050行ったら焼き肉奢ってくれる?」
「ええで」

私は光の粉ブルルが急に強そうに見えてきた。人間とは非常に現金なものである。




と言うわけで、光の粉ブルル入りの構築を使ってちょくちょく遊んでました。
いつものブラマンダゲンガーをベースに考え、ブルルと相性の良いドランはそのままいつもの型を続投。最後にブルルと相性が良く、これまで使いたいなーと思いながら使う機会の無かったガルドを投入して構築が完成しました。

以下構築内容

ブラッキーマンダドランゲンガー

いつもの型と調整なので割愛します。
興味がある方は私の過去記事を参照して頂けると助かります。


カプ・ブルル@光の粉
意地:グラスメイカ
実数値:177(252)-176(76)-146(84)-×-124(68)-99(28)
ウッドホーン
・岩石封じ
・宿り木の種
・身代わり


ギルガルド@ゴーストZ
控えめ:バトルスイッチ
実数値:159(188)-64(4)-170-90(92)-108(220)
シャドーボール
・影打ち
・毒々
・身代わり




正直ネタの域を越えるとは言えないが、ブルルレボルト対面でボルチェンを避けて岩石封じを一方的に当てたり、メタグロスのアイへを2連で避けて返り討ちに出来た時は楽しかったです。
2050は無理でしたが2000は越えられたので、とりあえずラーメンは奢って貰えるらしいです、やったね!





…絶対半分木の実とかの方が強いので、良い子の皆さんは真似をしないで下さい。

ブラッキーマンダドランナットゲンガー@1の選出

サムネ用
f:id:kuuri-yatume:20180611221109j:plain



たまに私の構築を参考にして構築を組んで頂いてる方から「クゥリさん、いつもどんな風に選出してますか?」という質問が来るので、選出率に関する記事を書きました。
かなり基本的な事しか書いてないので、上級者の方向けの記事ではありませんがご容赦下さい。




私はいつも同じ並びを使用しており、
f:id:kuuri-yatume:20180611203450p:plainf:id:kuuri-yatume:20180611203517p:plainf:id:kuuri-yatume:20180611203538p:plainf:id:kuuri-yatume:20180611203619p:plainf:id:kuuri-yatume:20180611203559p:plain
という5体に@1を環境対応枠として組み込んだ並びを好んで使っています。

しかし、毎シーズンこの5体の並びを一切変更せずに使用していますが、オフでの選出率は除いて、レートに関しては
ブラッキーヒードランボーマンダ>ゲンガー>ナットレイ=対応枠
という選出率が大きく変化した事はないです。それは何故か?




まず、私が基本選出としている並びは
ヒードラン+ブラッキー+ボーマンダorゲンガー
であり、基本選出に対応するこの4体の選出率が他の2体よりも基本的に高くなります。
そして、ボーマンダとゲンガーはブラッキーヒードランとは違いメガ枠を消費するため、一試合にどちらか片方しか出せず、メガ枠を消費しない2匹よりも選出率は必然的に低くなります。
では、何故ボーマンダ>ゲンガーという選出率なのか?

私のボーマンダは“恩返し/地震or身代わり/竜の舞/羽休め”という技構成になっているため、命中不安技が採用されていません。また、耐久面の高さから多少想定外の事態に見舞われても、プレイングでリカバリー出来る事が多いです。それに加え、ヒードラン+ブラッキー+ボーマンダという並びで対応できないポケモンが非常に少なく、相手の選出に出来るだけ全対応するならこの並びが安定しているからです。しかし、ボーマンダは7世代においてトップクラスのメガ枠であり、どの構築でも1つは対策を仕込んでいるため、ゲンガーに比べると対策がある程度容易だという点も含めて、通りが悪い場合はゲンガーに選出を譲ることも多いです。ですが、その耐久面と種族値の高さから不安点が少ないということもあり、頻繁に起こるレート差マッチで命中不安技や不意のZで負けるという事態が発生せずに安定して戦える点から、メガ枠を選出する際はボーマンダを基本的に選出しています。
単純に私がボーマンダをメガ枠として一番信頼しているという点もあります。

それに対してゲンガーは“祟り目/ヘド爆/催眠術/身代わり”という技構成であり、基本的にこのポケモンを選出して崩しを行う際には、“催眠術”というこの構築で一番の命中不安技を打つ機会があるという事です。勿論、メガゲンガーの特性を活用してサイクルカットを行い、他のポケモンで状態異常にするor削りを入れる事で、上から祟り目やヘド爆のみで制圧するという流れが理想的であり、基本的にはその動きを目指して試合展開を行っていきます。しかし、試合展開が思うように運ばない時、追い詰められて当てなければ勝てない時、耐久ポケモンに対して積極的に打っていく時が当然ありますが、レート差マッチという点が問題になります。100差程度のマッチなら良いですが、200差300差の対戦相手に命中率60%の技を打って勝っても貰えるレートは4~8程度であり、ある程度催眠術の施行回数を稼いだところで、外した際に奪われるレートの方が大きいと判断しているため、基本的に150~200差マッチ以上では催眠術を打たずに勝てると思った時のみゲンガーを選出しています。逆に大体150差以内でしたら催眠術を打つに足りるリターンが返ってくると判断しているため、ある程度積極的に打つ機会もあります。
また、ボーマンダに比べて耐久面が非常に心許なく、想定外の事態に見舞われた際にリカバリーが効きにくいのも難点です。
しかし、メガゲンガーというポケモンブラッキーとの相性が非常に良く、崩しの手段に乏しいこの構築において、重要な崩し役を担ってくれているため、ボーマンダに比べると不安点があるとはいえ、選出する機会自体はボーマンダに続いて多いです。





では、そのメガ2枠より選出率の高い基本選出の2体であるブラッキーヒードランですが、ヒードランブラッキーよりも選出率が劣る理由は“選出しても絶対に腐らない”という点と“誤魔化し範囲の広さ”です。

私のヒードランは技構成が“ラスカ/鬼火/ステロ/吠える”と若干汎用性を欠いた構成である都合上、相手の選出次第では役割を持てずに腐ってしまう事や、耐久面に関しても不意のZで飛んでしまう数値であるため、先発で出すと何も出来ずに出落ちしてしまう事があります。また、命中不安技の鬼火がメインウェポンになっている節もあり、ミミッキュ等に鬼火を外すと一気に崩されてしまう危険性もあります。

それに対してブラッキーは技構成が“イカサマ/守る/欠伸/願い事”と全て命中安定の技で出来ており、技を外して負けるという心配がいらないためゲームメイクが非常にやりやすいです。また、私の構築においてブラッキーは受けの要となっていて、一番対応範囲の広いポケモンであり、選出すれば必ず何かしらの役割(イカサマで削る、欠伸で眠らせて後続の起点作り、願い事で味方を回復など)をこなしてくれます。ぶっちゃけ、このブラッキーというポケモンをどれだけ上手く扱えるかでこの構築の勝率は変わるといっても過言ではありません。
また、基本的にブラッキーを選出しないとこの構築はサイクルを若干回し辛いように組んでおり、困ったらとりあえずブラッキーを出しておくというレベルで選出していますので、対受けループを除くと、「80%~90%」程度の選出率を誇っています。

そのため、ヒードランは構築の展開の要であるポケモンではありますが、選出率はブラッキーには劣ってしまいます。



残りの2枠に関しては簡単で、ナットレイと@1の対応枠は前述した基本選出を通せないと判断した時に選出するポケモンであり、補完枠としての採用となっているため、当然選出率は基本選出の4体に比べると低いです。
それに加えてナットレイと@1の補完枠を両選出する機会は非常に少なく、メガ枠を選出しないと選出のパワーが著しく落ちてしまうため、基本的には基本選出に組み込まれているブラッキーヒードランを抜いて、その代わりに1体を選出する形になります。
ですので、基本選出の4体に比べるとだいぶ選出率の差が開いています。

具体的に6体の選出率を表すと
ブラッキー>>ヒードランボーマンダ>ゲンガー>>>ナットレイ>対応枠

という感じになります。




結構適当に書きましたので、何かご質問があれば@kuuri_yatsumeまでDMを頂ければお答えさせて頂きます。
ここまで読んで頂きありがとうございました。

オフ実績 まとめ

f:id:kuuri-yatume:20180528175802j:plain



第2回ファクトリーオフ 予選落ちブロック3位

第15回キツネの社オフ 予選抜け全体18位 決勝トーナメントベスト8

第3回関東真皇杯 予選抜けブロック1位 決勝トーナメントベスト5 本戦出場券獲得

第3回真皇杯本戦 予選落ちブロック3位

第34回シングル厨 予選抜けブロック1位 決勝トーナメントベスト13

第3回バトンタッチオフ 予選抜けブロック1位 決勝トーナメント優勝 チャンピオン防衛戦勝利

第7回JPNOPEN 予選抜けブロック2位 決勝トーナメントベスト8

第4回へべれけオフ 予選抜けブロック1位 決勝トーナメント1落ち

第1回Zフェス 予選落ちブロック2位 エキシビションマッチVSアーモンド戦勝利

第2回サブローカップ 予選抜けブロック1位 決勝トーナメント優勝 個人成績8-1 チーム戦績8-1

第4回バトンタッチオフ 予選抜けブロック1位 決勝トーナメント準優勝 チャンピオン防衛戦勝利

第5回へべれけオフ 予選抜けブロック1位 決勝トーナメント優勝

第1回もっちゃんθオフ 16チームトーナメント戦優勝

第18回カンポケオフ 予選落ちブロック3位

第3回ファクトリーオフ 予選抜けブロック1位 決勝トーナメントベスト16

第5回バトンタッチオフ チャンピオン防衛戦勝利

第4回真皇杯ラスチャレ 予選6-1ブロック1位 決勝トーナメント準優勝

第4回真皇杯本戦 予選5-1ブロック1位 決勝トーナメントベスト6

第13回ぽちゃオフ 予選5-0ブロック1位 決勝トーナメント優勝

第10回JPNOPEN 予選7-2ブロック1位 決勝トーナメントベスト3