クゥリのブラッキーをこよなく愛するポケモン日記

ブラッキーと一緒にレートの高みを目指します

オフ実績 まとめ

f:id:kuuri-yatume:20180528175802j:plain



第2回ファクトリーオフ 予選落ちブロック3位

第15回キツネの社オフ 予選抜け全体18位 決勝トーナメントベスト8

第3回関東真皇杯 予選抜けブロック1位 決勝トーナメントベスト5 本戦出場券獲得

第3回真皇杯本戦 予選落ちブロック3位

第34回シングル厨 予選抜けブロック1位 決勝トーナメントベスト13

第3回バトンタッチオフ 予選抜けブロック1位 決勝トーナメント優勝 チャンピオン防衛戦勝利

第7回JPNOPEN 予選抜けブロック2位 決勝トーナメントベスト8

第4回へべれけオフ 予選抜けブロック1位 決勝トーナメント1落ち

第1回Zフェス 予選落ちブロック2位 エキシビションマッチVSアーモンド戦勝利

第2回サブローカップ 予選抜けブロック1位 決勝トーナメント優勝 個人成績8-1 チーム戦績8-1

第4回バトンタッチオフ 予選抜けブロック1位 決勝トーナメント準優勝 チャンピオン防衛戦勝利

第5回へべれけオフ 予選抜けブロック1位 決勝トーナメント優勝

第1回もっちゃんθオフ 16チームトーナメント戦優勝

第18回カンポケオフ 予選落ちブロック3位

第3回ファクトリーオフ 予選抜けブロック1位 決勝トーナメントベスト16

第5回バトンタッチオフ チャンピオン防衛戦勝利

第4回真皇杯ラスチャレ 予選6-1ブロック1位 決勝トーナメント準優勝

第4回真皇杯本戦 予選5-1ブロック1位 決勝トーナメントベスト6

第13回ぽちゃオフ 予選5-0ブロック1位 決勝トーナメント優勝

第10回JPNOPEN 予選7-2ブロック1位 決勝トーナメントベスト3

第4回サブローカップ 予選3-2 チーム4-1 一位抜け 決勝トーナメント3-1 準優勝

第19回カンポケオフ 予選3-4 予選落ち

第3回ジェネオフ 予選4-3 チーム6-1 一位抜け 決勝トーナメント0-1 一回戦落ち

第2回ガバオフ 予選6-3 一位抜け 決勝トーナメントベスト8

第1回BattleFrontierオフ 予選6-2 7位抜け 決勝トーナメント優勝

第1回Haze 予選5-3 ブロック5位 予選落ち

第6回バトンタッチオフ チャンピオン防衛戦勝利(4回連続チャンピオン達成)

第2回Haze 予選7-2 ブロック1位 決勝トーナメント2-2 マンタインサーフ最下位落ち

第1回BattleRebolution 予選6-1 ブロック1位 決勝トーナメント3位(ライバロリさん解説)

第2回BattleFrontierオフ 予選5-3 予選落ち

第1回某オフ 予選4-1 ブロック1位 決勝トーナメント優勝

第2回某オフ 予選4-1 ブロック1位 決勝トーナメント準優勝

第22回カンポケオフ 予選5-2 ブロック1位 決勝トーナメントベスト8

第8回バトンタッチオフ チャンピオン防衛戦勝利(第7回&第8回のチャンピオンと対戦。6回連続チャンピオン防衛成功により殿堂入り)





様々な事情により結果を書いていないオフの戦績もありますが、そちらの方はご了承下さい。

ブラッキーの簡単なコツ

ブラッキーの最低限覚えておきたい基本的なプレイングを簡単に纏めておきます。
細かい理由などは説明すると長いし面倒なので書きません。
持ち物や技構成等は私の過去記事を見て下さい。


1. 基本的に技を打つ優先度は、願い事>欠伸>イカサマ>守るの順。

2. 守るは相手の三匹が見えるまでは極力打たない。序盤に無償で相手に一ターンを与えると簡単に積みポケモンに崩されてしまう。

3. 受けサイクルをする際はブラッキーを使い捨ての駒として扱わず、他のポケモンを願い事で回復する事が出来るため、選出した3体の中で一番HPを残しておくようにする。

4. 一撃技を持っていると思われるポケモンに対しては、相手が物理ポケモンならイカサマ、特殊ポケモンには必ず欠伸から入る。

【ポケモン剣盾シーズン1】ブラドラパドヒド【最高3位/最終41位】

皆さんお久しぶりです、クゥリと申します。
今回はS1で使用していた構築の方を紹介させて頂きたいと思い記事にしました。
今回の構築は「むくれねこさん(@Sawamu_raaaa)」と一緒に作成したものですが、構築の原案を考えたのが私ということもあり、僭越ながら私が代表して投稿させて頂きます。

f:id:kuuri-yatume:20200102214026j:plain







【構築紹介】





f:id:kuuri-yatume:20170507122153g:plain
ブラッキー@残飯
図太い:精神力
実数値:202(252)-*-178(252)-*-150-86(4)
イカサマ
・守る
・欠伸
・願い事

私の6世代からの相棒枠です。
ブラッキーに関しての説明や解説は先日上げたこちらの記事 (http://kuuri-yatume.hatenablog.com/entry/2019/11/24/230354) を参考にして頂けると幸いです。
7世代でも十分に強かったこのポケモンですが、これまで苦手としていたポケモンが殆どいなくなった8世代環境で活躍できない訳がなく、今までやっていたどの環境よりも通りが良いように感じました。
ブラッキーで積極的に詰ませに行く試合と、ブラッキーに相手のダイマを切らせて裏のポケモンで切り返す動きのどちらを選択するべきかを見極めるのが難しく、受けポケモンにしてはHP管理が非常に大変なポケモンなので、使い手のプレイングの差が露骨に現れてしまうポケモンだと思っています。
選出率は85%を超えて堂々の1位。
あまりにも強かったです。





f:id:kuuri-yatume:20200102212553g:plain
※ドラパルトの画像が無いためギラティナで代用
ドラパルト@突撃チョッキ
無邪気:すり抜け
実数値:195(252)-169(228)-97(12)-120-87(12)-179(4)
・ドラゴンアロー
ゴーストダイブ
・火炎放射
・とんぼ返り


他に使用者が殆ど存在しない(と思われる)突撃チョッキドラパルトです。
7世代で私が愛用していたブラマンダ(ブラッキー+ボーマンダ)の並びと同様にブラッキーとドラパルトの相性補完がとても優れており、ブラッキーが苦手とする身代わり持ちのポケモンに対してもすり抜けで対処可能であったりと、ブラッキーを構築に入れるなら必ず入れたいと感じる程強いと感じました。
ブラッキーイカサマのおかげで物理ポケモンに対しては起点にならず対処も容易ですが、特殊ポケモンに関しては有効打がないことが多く起点にもなりがちです。そのため、ブラッキーの苦手な特殊ポケモンに対してドラパルトを後出しする機会が非常に多くなると判断しました。そして、ドラパルト自体にはまともな回復技はありませんが、ブラッキーの願い事によって何度も後出しをしてサイクルを回すことを考えるとやはり耐久に割く必要性があり、しかし構築全体で火力が低いポケモンが多いため火力も同時に求めた結果、耐久も火力も両立可能な突撃チョッキドラパルトに辿り着きました。
突撃チョッキにも関わらずCではなくDに下降補正をかけている理由としては、アーマーガアの処理ルートとしてドヒドイデの熱湯火傷のスリップ+ドラパルトの炎技で倒すということを想定していたため、アーマーガアに対して処理が安定しなくなるのを恐れたためです。熱湯火傷+大文字であればCに下降補正をかけても問題無かったのですが、羽休めで粘られてしまいPPが枯らされてしまう危険性が高いのと、命中不安を出来る限り採用したくないという判断からです。
ブラッキーと組ませる上で最強のポケモンでした。





f:id:kuuri-yatume:20200102212836g:plain
ドヒドイデ@黒いヘドロ
穏やか:再生力
実数値:157(252)-×-173(4)-73-213(252)-55
・熱湯
・毒々
・トーチカ
・自己再生

ブラッキーとドラパルトの苦手とするフェアリータイプを中心としたポケモンに対して強く出れると判断し採用しました。
役割対象はフェアリー全般、積み技のない特殊ポケモンブラッキーが苦手とする物理ポケモン達です。
技構成は熱湯毒々自己再生は確定で黒い霧とトーチカのどちらを採用するか迷いましたが、ダイマのターンを稼げて毒との相性も良いトーチカを選択しました。霧がなくて辛い場面も少しありましたが、ブラッキーなどとサイクルを回すことで誤魔化せる範囲は大きかったので正解だったと思います。
H252 B140 D116の陽気珠ミミッキュの+2ダイホロウ耐え振りにするか迷いましたが、本来の役割対象である特殊ポケモンに対して処理が怪しくなってしまうのと、この構築に対してミミッキュが殆ど選出されないこともありHDぶっぱで使用しました。





f:id:kuuri-yatume:20200102212811g:plain
サザンドラ@拘り眼鏡
臆病:浮遊
実数値:167-×-111(4)-177(252)-110-165(252)
・悪の波動
・流星群
・ラスターカノン
・火炎放射

ドラパルトが通せないと判断した場合、ブラッキードヒドイデと同時選出する際のポケモンとして採用しました。
ドラパルトの苦手な受けサイクルやカバ展開に対して雑に初手に投げて場を荒らして貰い、後続のブラッキードヒドイデで詰める動きが強かったです。
ヒヒダルマが重かったのでスカーフでの採用も考えたが、環境にDSヒヒダルマが一定数存在したのと単純にスカーフというアイテムを私が信頼していないので、眼鏡での採用となりました。





f:id:kuuri-yatume:20200102212754g:plain
※セキタンザンの画像が無いためマグカルゴで代用しようとしたが見た目が嫌いなので何となくゴローニャで代用
セキタンザン@フィラの実
生意気:炎の体
実数値:216(244)-100-144(28)-100-154(236)-45
・岩石封じ
・炎の渦
・鬼火
ステルスロック

カビパラさん (http://cabipara.hatenablog.com/entry/2019/12/09/173000) という方の構築記事を参考にパクりました。解説はカビパラさんの記事の方を見て頂けると幸いです。
構築でめちゃくちゃ重いトゲキッスに対して安定して後出しから処理が可能であり、環境に増殖していたヌルアントに対してもドラパルトブラッキーセキタンザンと選出することでeasy winを狙うことが出来たので非常に強かったです。
性能似てるしこいつは実質ガラルヒードラン





f:id:kuuri-yatume:20200102212910g:plain
※アーマーガアの画像が無いためエアームドで代用
アーマーガア@ラムの実
陽気:ミラーアーマー
実数値:173-139(252)-126(4)-×-105-130(252)
ブレイブバード
・ビルドアップ
・挑発
・羽休め

ブラッキーと相性の良い積みエースとして採用しました。
最初はHDタラプアーマーガアを使用していたのですが、環境が進むに連れて最速挑発アーマーガアしか存在しなくなりSを落とした積みアーマーガアに魅力を感じなくなってしまったので最速に変更しました。この構築では積みエースに対して耐久よりも火力を求めていたのでHSではなくASでの採用となりました。
終盤はアーマーガアに対するメタが進み選出機会は減ってしまっていましたが、構築にいるだけで相手の選出を誘導出来るポケモンとして非常に役に立っており、選出した際も十分に仕事をしてくれたので良かったです。







【選出】

ブラッキー+ドヒドイデ+ドラパルトorサザンドラ

ブラッキー+ドラパルトorサザンドラ+アーマーガアorセキタンザン

ブラッキー+ドラパルト+セキタンザン

ブラッキーorドヒドイデ+サザンドラorドラパルトorアーマーガアから2体






【後書き】

本来今回の構築を公開する予定は無かったのですが、来シーズンからTODが導入されるということで、この構築では通用しなくなるという判断から公開することにしました。
皆さん、S1お疲れ様でした!


【追記】

私と共同で構築を組んでくれたむくれねこさんがスタッフを務める2/22(土)に大阪で開かれる第4回委員会リターンズオフもよろしくお願いします!

むくれねこさんのブログリンク
(http://hetyamukure576.blog60.fc2.com/blog-entry-260.html)
第4回委員会リターンズオフのリンク
(http://iinkaioff.hatenablog.com/entry/2020/01/01/205414)

没案4 ブラッキー構築

ステロ+欠伸展開+エース枠の選出を今作でも使いたいと思い組みました。
カバ展開+ラム持ちの積みポケモンや鉢巻ダルマ+ラムキッスなどの構築が増加していたので、欠伸二枚持ちの選出が出来るようにして相手のラム持ちのエース枠にはある程度対抗できるようにしてました。
しかし、あらゆる対面で一撃技を打つことで受け構築を突破しようとしてくる思考のプレイヤーがかなり存在すること。また、ラム持ちの挑発ギャラやアーマーガアなど、欠伸枠2枚でもカバー仕切れない積み構築が一定数存在するので、この構築では安定して対処するのが困難と判断したため公開します。


サムネ用
f:id:kuuri-yatume:20191223200110p:plain




【構築】

ブラッキー@食べ残し
図太い 精神力
HB252 S4
イカサマ
守る
欠伸
願い事

ドラパルト@ラムの実
無邪気 すり抜け 
H236 A76 B180 C4 S12
ドラゴンアロー
ゴーストダイブ
大文字
竜の舞

カバルドン@気合いの襷
腕白 砂起こし
H252 B244 D12
地震
欠伸
ステルスロック
吹き飛ばし

アーマーガア@タラプの実
慎重 ミラーアーマー
H252 D236 S20
ブレイブバード
ビルドアップ
挑発
羽休め

トゲキッス@弱点保険
控えめ 天の恵み
H252 B4 C172 S84
エアスラッシュ
マジカルシャイン
欠伸
悪巧み

ヒートロトム@オボンの実
控えめ 浮遊
H252 B100 C156
ボルトチェンジ
オーバーヒート
鬼火
光の壁

ブラッキーはプレミ量産機

ブラッキーを使う難しさを書いた記事です。
タイトルはアレですが、そこそこに真面目な内容です。

サムネ用
f:id:kuuri-yatume:20191215191355p:plain



現環境で流行っているブラッキー

図太い@食べ残し
イカサマ
守る
願い事
欠伸

のHB特化型ばかりですので、この型である前提で話を進めさせて貰います。

ブラッキーの難しさを語る上で最も重要なのが択の多さです。
技構成を見てみましょう。

守ると食べ残しは相性が良く、更に願い事や欠伸は上手く組み合わせる事で相手のポケモンを対面で眠らせたり、相手の攻撃を食らわずに回復する事が出来たりと、非常に優秀な技です。しかし、これらの補助技は全て常にリスクが発生してしまう技でもあります。
例えば、願い事の回復のために守るを押したらそのタイミングで積み技を打たれてしまい、そのままゲームセット。食べ残しの回復のためにとりあえず守るを押したら相手が突っ張らずに引いてきて後続が無償降臨。欠伸ループにハメれたけどループ中に守るか後続に引くタイミングを上手く当てる必要があり、外したらこちら側が不利になってしまうなど、他の受けポケモンに比べて「安定行動」という行動が殆ど存在しません。しかも、他の欠伸ループにハメるポケモンとは違い、吹き飛ばしや吠えるなどの択の失敗をケアする技も覚えません。
そして、ブラッキーは相手だけではなく常に自分にも択を押しつけてきます。しかもその択は50%の択ではなく、仮に相手に欠伸を入れている状態だと仮定しても、守るor願い事or裏にバックor突っ張りでイカサマで削るor欠伸ループを継続など、複数存在する択から正解択を限られた時間の中で見つける必要があります。
それに加えてブラッキーは受けポケモンの中では種族値がかなりギリギリのポケモンのため、他の受けポケモンに比べて1つのミスでHP管理が出来なくなってしまい、負けに繋がってしまうことも少なくないです。
そのため、どのポケモンに対しても安定して処理が出来るわけでは無いが対応範囲が非常に広いため、「明確な有利対面が殆ど存在しないが、逆に明確な不利対面も殆ど存在しないポケモン」であると私は考えています。

受けポケモンというのは相手のポケモンを安定して受けるために採用しているのに、ほぼ全ての行動に択が発生してしまうのでは、意味が無いと思う人も多いでしょう。
しかし、それだけのリスクを背負うメリットがブラッキーには存在します。

明確な有利対面も不利対面も存在しないと言うことは、言い換えれば「択さえ間違えなければ全てのポケモンに対して対処可能なポケモン」だということです。
一見不利に見えるようなポケモンでも択にさえ勝ってしまえば、どんなポケモンに対しても勝てる最強ポケモン…そう考えると結構強そうに思えてきませんか?

ですが、全ての択に勝つ事は当然不可能です。
最善手を選び続ける事はどんな名人にも出来ません。私も絶対に無理です。
では、どうするか?
「最善手は選び続けられなくても、その場面でプレミとなる択だけは選ばないこと。」 

これがとても重要です。
ブラッキーを使っていると自分側だけが択を考えているように思ってしまいますが、択を押しつけられているのは相手も同じです。

つまり、「自分側だけでなく相手にも常に択を押しつけ続ける事が出来る」。これこそがブラッキーの最大の弱みであり強みであると私は考えています。

悪手を選択さえしなければ試合は続き、相手にも択を押しつけ続ければ相手側も人間ですのでいつかはプレミが発生します。そして、そのプレミの隙につけ込んでブラッキーを絡めたサイクルで処理をする。
相手に択を押しつけ続けるからこそ、純粋なプレイヤーの技量勝負に持ち込む事ができ、あらゆるポケモンに対して対処が可能になるというカラクリです。
この考え方自体は強いプレイヤーの方達なら当然持っているものですが、ブラッキーはその傾向が更に顕著です。

しかし、この択に強くなるためにはひたすらブラッキーを使い続けるしかありません。あらゆる対面でどこをどう動けばプレミにならないかを経験で覚え、出来る限り最善手を選び続けられるようになって下さい。

ちなみにこんな記事を書いていますが、筆者も最善手を選び続ける事は出来ていません。プレミをしないように立ち回ってはいますが、やはりどこかで綻びは出ます。出来るだけその回数を減らすように気を付けてはいますが…。

色々述べましたが、とりあえず
「絶対に負けに繋がらない択を選び続ける」
事がブラッキーにはとても重要ということを覚えておいて下さい。




ここまで読んで頂いた方達はありがとうございました。