クゥリのブラッキーをこよなく愛するポケモン日記

ブラッキーと一緒にレートの高みを目指します

オフ実績 まとめ

f:id:kuuri-yatume:20180528175802j:plain



第2回ファクトリーオフ 予選落ちブロック3位

第15回キツネの社オフ 予選抜け全体18位 決勝トーナメントベスト8

第3回関東真皇杯 予選抜けブロック1位 決勝トーナメントベスト5 本戦出場券獲得

第3回真皇杯本戦 予選落ちブロック3位

第34回シングル厨 予選抜けブロック1位 決勝トーナメントベスト13

第3回バトンタッチオフ 予選抜けブロック1位 決勝トーナメント優勝 チャンピオン防衛戦勝利

第7回JPNOPEN 予選抜けブロック2位 決勝トーナメントベスト8

第4回へべれけオフ 予選抜けブロック1位 決勝トーナメント1落ち

第1回Zフェス 予選落ちブロック2位 エキシビションマッチVSアーモンド戦勝利

第2回サブローカップ 予選抜けブロック1位 決勝トーナメント優勝 個人成績8-1 チーム戦績8-1

第4回バトンタッチオフ 予選抜けブロック1位 決勝トーナメント優勝(準優勝) チャンピオン防衛戦勝利

第5回へべれけオフ 予選抜けブロック1位 決勝トーナメント優勝

第1回もっちゃんラブリィθオフ 16チームトーナメント戦優勝

第18回カンポケオフ 予選落ちブロック3位

第3回ファクトリーオフ 予選抜けブロック1位 決勝トーナメントベスト16

第5回バトンタッチオフ チャンピオン防衛戦勝利

第4回真皇杯ラスチャレ 予選6-1ブロック1位 決勝トーナメント準優勝

第4回真皇杯本戦 予選5-1ブロック1位 決勝トーナメントベスト6

第13回ぽちゃオフ 予選5-0ブロック1位 決勝トーナメント優勝

第10回JPNOPEN 予選7-2ブロック1位 決勝トーナメントベスト3

第4回サブローカップ 予選3-2 チーム4-1 一位抜け 決勝トーナメント3-1 準優勝

第19回カンポケオフ 予選3-4 予選落ち

第3回ジェネオフ 予選4-3 チーム6-1 一位抜け 決勝トーナメント0-1 一回戦落ち

第2回ガバオフ 予選6-3 一位抜け 決勝トーナメントベスト8

第1回BattleFrontier 予選6-2 7位抜け 決勝トーナメント優勝

第1回Haze 予選5-3 ブロック5位 予選落ち

第6回バトンタッチオフ チャンピオン防衛戦勝利(4回連続チャンピオン達成)

第2回Haze 予選7-2 ブロック1位 決勝トーナメント2-2 マンタインサーフ最下位落ち

第1回BattleRebolution 予選6-1 ブロック1位 決勝トーナメント3位(ライバロリさん解説)

第2回BattleFrontier 予選5-3 予選落ち

第1回神速オフ 予選4-1 ブロック1位 決勝トーナメント優勝

第2回神速オフ 予選4-1 ブロック1位 決勝トーナメント準優勝

第22回カンポケオフ 予選5-2 ブロック1位 決勝トーナメントベスト8

第8回バトンタッチオフ チャンピオン防衛戦勝利(第7回&第8回のチャンピオンと対戦 6回連続チャンピオン防衛成功により殿堂入り)

第2回双剣オフ 予選抜け 決勝トーナメントベスト8

第2回BattleRebolution 予選5-3ブロック2位 決勝トーナメントベスト32

第5回デュアルオフ 予選7-1ブロック1位 決勝トーナメント優勝





様々な事情により結果を書いていないオフの戦績もありますが、ご了承下さい。

ブラナットサンダー構築

久し振りにポケモンに触る機会があったので、その時に使っていた構築を紹介します。
タイトルに一応ブラッキーの名前はありますが、半分置物だったのでタイトル詐欺です。


ブラッキー 図太いHB@残飯
イカサマ 欠伸 願い事 守る

いつもの。ウーラサンダーエスバ重すぎて受けれないのでそろそろ採用する理由が薄くなってきたけど、後述のゴツメレヒレと願い事を組み合わせて無限回ウーラオスに後投げを可能にする事で強引に選出を可能にしたりなど、選出範囲を広げる努力はした。
なお、選出率は5位である。悲しい。


ドラパルト 意地AS@襷
アロー ダイブ 文字 リフレクター

ほぼ置物。
重めなエスバ入りの構築に対して、サンダーナットで崩すのが難しいと判断した時だけ投げてた。
選出率最下位だったと思う。


サンダー 穏やかHbDs@タラプ
暴風 身代わり 羽 バトン

暴風とかいう命中不安技以外の攻撃技が無いことを除けば最強。
調整はラグのクイックターンを身代わりが耐えるやつで、耐久サンダーミラーで上を取れるようにDを削ってSにある程度回した。
相手のあらゆる耐久ポケモンに後投げを行い、身代わりを貼った後にバトンして有利な受けサイクルを回しまくってた。
実はバトン先第1位が積みポケモンではなくてナットレイ
選出率1位。


ナットレイ 生意気HbD@1/3回復実
ジャイロ 毒 宿り木 守る

この構築の最強ポケモン2号。
受けループ以外には殆どサンダーナット+@1で投げてた。
ナットレイの毒がそこまで警戒されないせいか通りが非常に良く、サンダーとナットでクルクル受けサイクルしてたら勝てた試合が多かった。
サンダーからの身代わりバトンが成功して、身代わりが残った状態のナットが毒を打つと相手の構築が半壊する事が多々あった。
選出率2位。


カプレヒレ 図太いHBs@ゴツメ
波乗り ドレインキッス 瞑想 鉄壁

サンダーのバトン先として耐久のある積み持ちの特殊ポケモンが欲しかったのと、ウーラオスというポケモンが本当に苦手なのでウーラオスに対して強く出れる型を模索した所、かなりの欲張り構成になってしまった。
ゴツメを見た瞬間に相手が型を誤認して、こちらの積みの起点になるポケモンを後投げしてくる事もそこそこあったので、結構やるやつだった。
サンダーナット選出の1番のお供。
選出率3位。


ドリュウズ 意地hAbs@命の珠
地震 アイへ ロクブラ 剣舞

ここまでの5匹だと相手の受けサイクルや受けループを崩すのが少し難しかったため、崩し要員として採用。
調整は忘れたけど、相手の耐久サンダーを素で抜ける位までSに振って(多分実数値130位)、Aぶっぱ残り耐久みたいな感じだったと思う。
サンダーと相性の良い地面枠の崩し要員として最初は剣舞ガブを採用していたが、ガブだと相手のポリ2絡みの受けループが崩しにくい事に気付いた。
そして、構築の都合上サンダーミラー対面が頻発するため、不毛なサンダーミラーを終わらせるためにこちらから裏のポケモンにバトンで引く展開が多かったが、ガブだと暴風標準搭載のサンダーの前で悠長に舞うことが出来なかった。しかし、熱風が無いサンダーは思っていたよりも多く、暴風を半減で受けれるドリュウズであればサンダーミラーでのバトンの繋ぎ先として最適だと判断した。
選出率4位。



結論

HD身代わりバトンサンダー+HD毒ナットレイがとにかく最強でした。選出の殆どがサンダーナット+レヒレorドリュで、刺さってたらブラパルトのどっちか出す感じです。
身代わりバトンサンダーはちょくちょく見かけましたが、どれも積みポケモンやアタッカーのポケモンに繋げるのが前提みたいな構築が多いように感じられたので、もう少し受けポケモンを主軸としたバトン構築も増えるといいなーと思い、今回記事を書きました。
久し振りにポケモンの構築を考えたけど、結構良い感じに纏まってる構築が出来たので満足してます。
ここまで読んで頂きありがとうございました。

エアプ記事

ブラッキー いつもの

臆病ドラパHBS@弱保 祟り目 鬼火 舞 バトン

陽気カミツルギAS@珠 リフブレ インパクト 聖剣 燕返し

穏やかサンダーHD@オボン 放電 暴風 かいでんぱ 羽

意地ランドHABS@ラム 地震雪崩空を飛ぶ剣舞

図太いレヒレHBS@アッキ 熱湯キッス瞑想守る


とあるオフで優勝したけどそこで満足してモチベーションが尽きて殆ど潜らずに終わった。
結構考えたけどブラマンダよりもブラパルトの方が強そうという結論に落ち着いてしまったのでこうなった。
多分この後適当な時に消します。

ブラマンダ進捗

ブラッキー
厳しいけどやれなくはない。ウーラオスパッチラゴン環境に比べれば幾分かマシ。可愛いし大好きだから入ってる。

ボーマンダ
マンダもカイリューもラティも微妙。ドラパが一番良い説あり。この枠はエースバーン受けれる飛行かドラゴンが適任かも。

ヒードラン
相手の初手エースバーン多すぎて雑に初手に投げれない。採用するなら守るとか裏にゴーストタイプ置くのは必須かも。あと、吠える失ったのめちゃくちゃしんどい。ガッサとか消えたから臆病にする必要無いので控えめとか穏やかとか図太い推奨。

ナットレイ
一番やれないと思ってたけど実は一番やれる奴だった。身代わりポリ2と身代わりクレセ多くてしんどい点以外は良い。HDナットすこなんだ。

ゲンガー
珠3Wレイスポスとかで多少代用可能。こいつの代役一生分からん。竜2枚は強いフェアリー多い環境であまりやりたくないけど顎もあり。

@1
私が知りたい。誰か考えて


7世代最強選出だと信じて疑わなかったブラッキー+ナット選出がTODの関係でほぼ不可能なので構築コンセプトが破綻してる気がする。
序盤に無理矢理数的有利取ってからブラナットで回すべきかもしれん。
あと、ブラナット選出って2体ともマトモにダイマ出来ないパワーよわよわ選出だから、S1の頃のブラドヒドみたいに回しても準伝の種族値の暴力でダイマされるだけで無茶苦茶にされる事が多い。

なので、@1にはダイマ適正のある絶対的エースやストッパーが欲しい。ミミッキュが適任か?

復活のブラマンダ?

半年振り位にポケモンを真面目に考察してる。

 

ブラッキー→そのまま。正直欠伸よりも毒の方が現環境欲しいけど没収されてるので型の変更の余地なし。毒の汗を拭きだすとか図鑑説明にあるんだから毒くれ。

ボーマンダ→耐久なさすぎるのでカイリューorラティ兄弟に変更。ブラッキーと組ませるならカイリューの方が良いけど、ステロランドやカバや馬車が増えそうならラティ兄弟で良いかも。

ヒードラン→風船ステロ型は今世代でも強いと思うけど吠えるがないのが想像以上にキツく、技構成や調整を7世代の型から若干変更する必要性がある。ステロ鬼火+ラスカor炎技+ラスカor炎技orサブウエポンor挑発が丸い。

ナットレイ→行けなくはないけど電気枠がコケコジュモク→レボルトレジエレキサンダーに変更され、めざパが無くなったせいで気合球や熱風も標準搭載されるようになったので微妙。使うなら7世代と型は変えないと思う。ツルギ辺りに変更も視野。

ゲンガー→こいつの代役がどこにも存在しなくて困ってる。レイスポス?メガゲンよりも二段階落ちたような性能だし何か使いたくない。でもゲンガーのような性能を求めるならレイスポスかドラパ辺りになりそう。

@1→分からん。相手のダイマを強引に切り返せるミミや襷枠の採用が望ましいとは思うが、自分自身がそう言った性能のポケモンに一ミリも信頼を寄せていないので出来る限り使いたくはない。

 

あと、ブラッキー入りの構築を考える上での最大の懸念点”TOD”。

30分ならともかく20分ではブラッキーが身代わりや回復技持ちのポケモンと対峙しただけでそのままはめ殺されてしまう恐れがあるので、かつてのメガゲンのようなブラッキーをはめ殺してくるポケモンを強引に持って行ってくれて、逆にこちら側がTODを仕掛けられるようなポケモンを探す必要がありそう。

また、ブラッキーが属する受けポケモンというカテゴリーの筆頭にはポリ2が存在しているが、ブラッキーがポリ2よりも優れている点は願い事と欠伸による“長期の”受けサイクル戦が得意という点だと考えており、TODが割と容易な現行の環境ではポリ2を抜いてブラッキーを採用する意味は正直薄い。

S1のように制限時間さえなければ次環境でも未だにブラッキーはTier2位の強さがあると信じているが、制限時間まで考慮して考えると多分次環境ではTier3~4位の位置に落ち着くと思う。

 

ただ、私は諦めずにブラッキー入りの構築を考察していきたいと思うので、良さげな構築案があればどんどん教えて下さい。